楽しい動画をもっと賢く楽しむ

MC松山の楽しい動画ハック

職人

藤重佳久プロフィールと名言まとめ!5ヶ月で活水を全国に導いた名指導者

投稿日:2018年3月26日 更新日:

藤重佳久さんが2018年3月26日に放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演されました。

藤重佳久さんは、活水学院の吹奏楽を総監督している音楽家でもあり、教育者でもある人物です。

その指導経歴は飛び抜けていて、全日本吹奏楽コンクール出場20回のうち、金賞10回に導いたり、マーチングバンド世界大会でワールドチャンピオン2回という快挙も成し遂げています。

こうした実績があるため、藤重佳久さんは教育者としても評価されています。

この記事では、藤重佳久さんのプロフィールを紹介するとともに、藤重佳久さんのこれまでの名言をまとめています。

藤重佳久プロフィール

ポイント

  • 名前:藤重佳久(ふじしげ よしひさ)
  • 生年月日:1956年生まれ
  • 出身地:福岡県久留米市
  • 血液型:A型
  • 職業:活水学院吹奏楽団音楽総監督、活水女子大学音楽学部教授
  • 学歴:福岡大学附属大濠高等学校、武蔵野音楽大学音楽学部器楽科

藤重佳久さんは、活水学院の吹奏楽団で音楽総監督を務めるとともに、活水女子大学で教授も務めています。

吹奏楽の世界ではとても注目されている人物で、驚くべきはその指導実績です。

1986年より精華女子高校で吹奏楽を教えていたときは、

  • 全日本吹奏楽コンクール出場20回のうち、金賞10回
  • 全日本マーチングコンテスト出場16回のうち、すべて金賞
  • 高校吹奏楽部としては異例の、メジャーデビューCD「熱血!ブラバン少女」がゴールドディスク大賞「クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞

という偉業を成し遂げています。

金賞の雨あられで、全日本マーチングコンテストにおいては、出れば必ず金賞だったというのが相当ですね。

2015年より活水学院で教えているのですが、活水学院での歴史はまだ浅いものの、

  • 就任1年目で全日本吹奏楽コンクール出場
  • 2年目には中学生から大学生までの混成バンドでマーチングバンド全国大会に出場
  • 3年目には全日本マーチングコンテスト初手術で銀賞

と、ものすごいスピードで吹奏楽部をレベルアップさせています。

2015年度においては、赴任したのが4月ですから、それからわずか5カ月の短い期間で全日本吹奏楽コンクールに出場できるまでに仕上げたというのですから、驚きです。

そんな藤重佳久さんの経歴ですが、出身は福岡県久留米市。

武蔵野音楽大学の音楽学部器楽学科を卒業しています。

大学時代では、在学中のころから「東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団」の一員としても活躍していて、自身も音楽家として活躍をしていました。

また、教育者となって吹奏楽を率いれば、数々の実績を残していったため、2008年に全日本吹奏楽連盟より「長年出場指揮者表彰」を受け、2009年には「文部科学大臣優秀教育表彰」も受賞しています。

名言

藤重佳久さんがこれまでに残してきた、心に響く名言をまとめています。

名言まとめ

  • (毎日の長時間指導が疲れないか聞かれて)好きだから疲れない。指導者も楽しまないと、生徒も楽しくできないでしょ

     

  • 演奏が得意な子だけでなく、文章が得意な子や盛り上げ役の子がいる。みんな吹奏楽部に必要な人材。ここで育った人間が、何かを成し遂げてくれたら幸せ
  • 自分の居場所があるのが大事。みんなの為にやっているということが自分の自信にもつながる。
  • 無理には悪い無理(無理やりやらされる)と良い無理(自ら進んで無理する)がある
  • 指示を待たず、自分で考えることが大事
  • 音痴の人は居ない。耳(音程)のトレーニングができていないだけ
  • 正しい音程で歌うことができれば楽器でも美しいハーモニーを演奏できる。
  • 面白いと思ったことは、すぐに取り入れるようにしています。
  • 「チャンス教育」とは、どんな人でもその人なりの成功体験を味わうことができるように、チャンス(機会)を与える教育方法のことです。
  • 「成功体験」を味わうことで、人は情熱を持って物事に取り組むことができるようになります。
  • この役はあなたしかいない。
  • この役はあなたに向いていると思うけど、とても大変だよ。それでもいいならやってみる?といったように、どの生徒に対してもチャンスを与えています。

やはり、なんども金賞に導いてきた教育者の言葉は胸にしみるものがありますね。

吹奏楽や子供の教育だけでなく、仕事での教育でも共通して同じことがいえるものがありますし、自分自身に言い聞かせても自分を強くできる名言ばかりですね。

活水での活躍

藤重佳久さんは、2015年より活水で吹奏楽を教えているのですが、2015年に活水高校に着任したときは、まだ無名の高校でした。

しかし、藤重佳久さんがやってきてから、わずか5ヶ月で県代表・九州代表で金賞を受賞し、さらには全日本吹奏楽コンクールへも出場という快挙を成し遂げました。

指導してたった5ヶ月でこれほど伸ばすのは異常な功績ですね。

そして、活水学院は中学、高校、女子大学とあるのですが、藤重佳久さんは吹奏楽団の総監督として、全ての吹奏楽団に携わっています。

その指導範囲も広範囲にわたっているのですが、それでもきちんと結果を出させています。

またさらに、2015年10月にはマーチング経験者がほとんどいない中、マーチングコンクールへの初参加にチャレンジしています。

しかも、この九州大会でいきなり金賞受賞という成績も残しているのですから、驚きです。

2015年12月には、長崎ブリックホールで第1回定期演奏会を開き、あまりの人気にチケットも完売させています。

まとめ

藤重佳久さんについてプロフィールや、名言をみてきました。

素晴らしい数々の実績ですね。

こうした教育者としての手腕が評価され、藤重佳久さんは本も出版しています。

「きばれ!長崎ブラバンガールズ: 藤重先生と活水吹部7か月の奇跡」という本なのですが、活水高校にやってきてからわずか数ヶ月で無名の吹奏楽部を全国にまで押し上げた奇跡が関われています。

藤重佳久さんの活躍は、本を越えてテレビのメディアにも注目されていて、過去にも「世界一受けたい授業」にも出演しましたし「プロフェッショナル仕事の流儀」にも出演とのことで、目覚ましい活躍ですね。

-職人
-

Copyright© MC松山の楽しい動画ハック , 2018 All Rights Reserved.