楽しい動画をもっと賢く楽しむ

MC松山の楽しい動画ハック

ガジェット

Google新スマホPixelスペックまとめ。容量無制限クラウドストレージってマジかよ

投稿日:2016年10月5日 更新日:

Google開発の新しいスマホ「Pixel」が発表されました。

twitter上で大分話題になっていたので気になってニュースをチェックしてみたのですが・・・

なかなか面白いスペックを持っています。

Pixelのスペック

それでは、現時点で分かっているPixelのスペックです。

基本的なスペック

PixelはiPhoneとiPhone Plusのように2バージョンあるようで、

通常版のPixelは5インチ(1920×1080)、Pixel XLは5.5インチ(2560×1440)のAMOLEDディスプレイ。

ガラスは強固なことで有名なCorning社の「Gorilla Glass 4」を採用するようです。

プロセッサは、2.15Ghz+1.6Ghzの64bitクアッドコアQualcomm Snapdragon 821。

グラフィックスはAdreno 530 GPU。

メモリは4GB。

ストレージ容量は32GBと128GBの2通りです。

なお、マイクロSDにも対応している模様。

ワイヤレス機能は4G LTE、Wi-Fi802.11ac、Bluetooth 4.2を装備。

iPhoneが最近廃止した3.5mmイヤホンジャックも備えています。

インターフェースはUSB-C。

上下左右の区別がないので装着が簡単、映像出力も可能な規格です。

充電時間は脅威の15分で7時間駆動。

これはかなりの充電速度ではないでしょうか。

カラーバリエーション

カラーバリエーションはブラック、シルバー、ブルーの3種類。

カメラスペック

背面カメラは1230万画素で、4K撮影や、スローもションの動画撮影にも対応。

ドットピッチ1.55マイクロメートルの大型センサー、f/2.0のレンズを採用することで、暗い場所でもきれいに写真が撮れるそうです。

また、この他にもジャイロセンサーによる手ブレ補正機能もついています。

内側カメラの方は800万画素でフルHD撮影が可能。

ドットピッチ1.4マイクロメートルのセンサー、レンズはf/2.4で、内側カメラでも十分な画質を保てるので、スマホを使ったリアルタイム配信映像や、テレビ通話映像がさらにきれいになりますね。

その他機能

本体の背面には指紋認証がついているそうです。

背面の指紋認証の使い勝手はどうなんでしょうね?

ちょっと良さそうな気もしますが、未知数です。

スマホの底部にシングルスピーカー、さらにノイズキャンセル付マイクが3つ。

iPhone7はスピーカーがダブルになって音がうるさいし劣化した、なんて情報がありますが、Pixelは無難にシングルできました。

スマホ本体にLEDの通知ランプもつくということで、ひっくり返して置いといても通知に気づくやすくなるかもしれません。

注目機能

PixelにはiPhoneでいうSiriのような人工知能のGoogleアシスタントが搭載されています。

この他にも、写真を容量無制限で保存可能なGoogleフォト。

ビデオ会話アプリのGoogle Duo。

メッセージアプリのGoogle Allo。

VR機能などが搭載されています。

Pixelは写真取り放題

高性能カメラを備えたPixelにはGoogleフォトが標準搭載ということで、写真をたくさん取るユーザーにはピッタリなんじゃないでしょうか。

カメラの性能あがってきたことで、写真や動画を取るとあっという間に容量を喰ってしまいますが、Googleフォトと、マイクロSD対応ということで、容量問題はiPhoneほど起こらなさそうですね。

なお、最初は日本では販売されない模様

ただ、残念なことにPixelは最初は日本ではリリースされない模様。

様子を見て日本にやってくるという感じです。

これは、日本ではiPhone人気が強いためでしょう。

最後に

PixelにはSiriのような会話形人工知能のGoogleアシスタントがついていますが、これはちょっとネーミングがダサい。

長くて覚えづらいし、少し直球すぎるのではないか。

Siriにはノルウェー語で「勝利へと導く美しい女」という意味が持たされていますが、こうした遊び心を入れてもよかったんじゃないかと思う。

-ガジェット
-,

Copyright© MC松山の楽しい動画ハック , 2018 All Rights Reserved.