ブログやってたらtwitterで友人に身バレした件

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-0028-10-07-15-02-43

いやー意外でした。

まさかリア友にこのブログがバレるとは・・・

どうやらtwitter経由で私が新しいブログを始めたことを知ったみたいなんですが、世間の狭さにちょっとビビリます。

もし、これがブログを副業として稼ごうと考えている人だと「会社にバレてクビを迫られた」なんてことになりかねません。

副業でブログを考えている人は、twitter活用に注意が必要かもしれません。

そもそもなぜバレたのか?

そもそも、どうしてこのブログがバレたのかというと、twitter経由でブログを拡散しているツイートがたまたま目に入り、ここからtwitterアカウントのニックネームや、ブログに書いているネタなんかで気づいたようです。

鋭すぎて恐ろしい。

twitterからなぜバレるのか?

twitterでは「このユーザーをフォローしましょう!」みたいなレコメンドがちょくちょくされてきますが、この時に、知り合いがレコメンドされることがあります。

このせいで、陰でこっそりネット活動をしたいのに、リアル知り合いの人とつながる可能性があります。

twitterで友人バレしてしまう3つの要因

これは自分の体験も交えての推測なのですが、twitterで友人がレコメンドされて身バレする要因には、次の3つの要因があると考えています。

1.電話帳に登録されている人

まず1つ目は、電話帳に登録されている人です。

これは、twitterを始めたときの段階でも出てくるのですが、電話帳登録されている人がおすすめユーザーとしてレコメンドされてきます。

しかも、恐ろしいのが自分が連絡先をアップロードしていなかったとしても、相手が自分の連絡先を登録していると、自動であなたがおすすめユーザーとして表示されてしまうことです。

これは検索設定をオフにしておくことでできるのですが、検索設定の切り方については後述します。

2.別アカで登録した人

2つ目は、別アカで登録した人がレコメンドされてくる可能性です。

twitterでは1人で複数のアカウントを持つことができますが、別のアカウントでフォローした人がなぜか別のアカウントでもレコメンドされてきます。

これは私個人の体験値でしかないのですが、結構頻繁に別アカでフォローしたユーザーがおすすめされてくるので、これも関係あるのではないか考えています。

3.住んでいる地域が同じ人

3つ目は、住んでいる地域です。

私はtwitterのプロフィールを新潟に地域設定しているのですが、なぜかおすすめされてくるユーザーは同じ新潟県民が多い。

これも体験値でしかないのですが、twitter広告などビジネス的な観点から考えると、同じ地域でつながりやすい方が広告主の利益になるので、同じ地域同士のユーザーがおすすめされてくるのではないかと勝手に思っています。

バレないようにはどうするか?

それでは、twitterで友人バレしないためにはどうすればいいか?

2つの対策を考えてみました。

1.検索設定をオフにする

1つ目は、検索設定をオフにすることです。

iPhoneの設定からtwitterを開いてみると、利用中のtwitterアカウント一覧が表示されます。

ここで、twitterアカウントを選ぶと「メールアドレス検索」という項目があります。

これは他のユーザーがメールアドレスであなたを検索できるようになる設定なので、ここをオフにしておくことによって身バレの可能性を下げることができます。

初期設定では自動でオンになっているので、わりとえげつない。