デスパレードな妻たちシーズン5を見たので感想とか

desperatehousewives

デスパレードな妻たちシーズン5を見たので感想を書いていきます。

いやーシーズン5は驚きの展開だった。

ネタバレがあるのでご注意を。

※前シーズンについてはこちら

シーズン5のあらすじ

シーズン5はシーズン4から5年後が舞台になります。

結婚していたマイクとスーザンは車の衝突事故を起こしてしまい、対向車に乗っていた母親と娘を事故死させてしまう。

この罪悪感から2人は離婚。

一方で、シーズン4で女友達からハブられたイーディーが結婚して再びウエステア通りに戻る。

夫の名前はデイブ。

しかし、彼はマイクとスーザンが事故死させてしまった相手の遺族。

デイブは復習のためにマイクが住んでいるウエステア通りに引っ越し、復習を目論む。

という話でした。

シーズン5を見た感想

シーズン5は今までのシーズンの中でも最も話が分かりやすかったと思います。

というのも、今までのシーズンだとストーリーが進むに連れて、怪しい人物の秘密がだんだんと明らかになっていく展開ばかりでしたが、シーズン5だとストーリーの途中でデイブが復讐に燃える理由や、復讐の狙いがはっきり分かります。

このおかげでストーリー上の危険人物や味方などがわかりやすかったかなと思います。

シーズン5の印象に残ってるシーン

シーズン5を見て印象に残ったシーンを5つ振り返ってみます。

実は男性陣のほとんどが犯罪歴アリだった

デイブが復讐に燃える理由がまだ明らかになっていない頃、復讐相手は元収容者だったというような描写があります。

ここで復讐相手の推察ができるわけですが、よくよく考えてみると、マイク、カルロス、オーソンの全員が元収容者。(トムは忘れた)

ただでさえデスパレートな妻たちの登場人物には犯罪者が多い(主役の女性陣含め)のに、男性陣までも犯罪者だらけだったことに今更気が付きました。

一見平和な通りに見えて、実は犯罪歴アリの人たちばかりの危険な通り。

イーディーの死

シーズン5で最もショックだったのはイーディーの死ですね、やっぱり。

セクシー担当&ギャグ担当&たまにいい話&場をひっかき回すキャラとしてかなりいい味を出していたのに残念です。

ってっきり主役級に昇格していたと思っていたので、今後のシーズンで出ないと思うとちょっと寂しいです。

あと、イーディーの死を振り返る展開が、便利屋のイーライが死んだ時の回とまるで同じ。