楽しい動画をもっと賢く楽しむ

MC松山の楽しい動画ハック

ライフハック

エレベーター閉じ込め…命が助かるための対応策11個

投稿日:2016年10月13日 更新日:

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-0028-10-13-16-39-18

もしもエレベーターに閉じ込められたなら…?

先日、東京で58万世帯が停電するという大規模停電が起き、エレベーターでの閉じ込めが相次いで起こりました。

そこで、もし、自分がエレベーターに閉じ込められてしまった時でも命が助かるよう、エレベーター閉じ込めの対応策をまとめてみました。

エレベーター閉じ込めケーススタディ

エレベーター閉じ込め事故は、地震や停電などによって起こります。

過去に起きた、エレベーター閉じ込め事故のケースを3つ紹介します。

東京大規模停電

東京の大規模停電によるエレベーター閉じ込めでは、東京消防庁によれば、練馬区など少なくとも4区でエレベーター閉じ込めの通報があったようですが、いずれも短時間で復旧。

怪我人はゼロだったようです。

東日本大震災

東日本大震災が起きたときには、大規模な地震の影響で200件のエレベーター閉じ込めが起きたそうです。

3時間後には救助が行われ、大きな怪我を負った人はいなかったようです。

名古屋の市営地下鉄

名古屋の市営地下鉄での閉じ込め事故では、9人の乗客が地下エレベーター内に閉じ込められました。

結果的には、閉じ込めの連絡を受けた保守会社が1時間後に脚立を差し入れ、9人全員が無事に救出されました。

3つのケースから分かること

3つのケースから分かることをまとめておきます。

救助時間

東日本大震災クラスの規模でも事故発生から3時間ほどで救出。

名古屋の市営地下鉄では通報から1時間。

東京の大規模停電ではすぐに救出されています。

ということは、万が一、エレベーター内に閉じ込められたとしても、1日とか長時間閉じ込められるといった心配は少ないと予想できます。

生存率

いずれのケースも全員が大きな怪我なく無事に救出されており、死亡者や重傷者が出たケースは調べた限りはありませんでした。

ということは、万が一、エレベーター閉じ込め事故があったとしても、無事に助かる確率が非常に高いことがで予想できます。

エレベーター閉じ込めの対応策

それでは、ここからはエレベーター内に閉じ込められたときの対応策をまとめていきます。

1.焦る気持ちを落ち着かせる

エレベーター閉じ込めが起きたさいに一番怖いのは、パニックを起こすことです。

まずは冷静になるためにも落ち着いて深呼吸を取りましょう。

飲み物があるなら飲み物を一口飲んだり、飴があるなら飴をなめましょう。

人は口に物を含んでいる状態だとリラックスできるので、飲み物や口に含むものがあれば心を落ち着かせることができます。

2.ボタンを全て押す

冷静さを取り戻すことができたら、慌てずに全てのボタンを押してください。

エレベーター内の全てのボタンを押すことにより、近いフロアで止まって扉が開く可能性があります。

3.インターホンで救助要請

停電時でもインターホンは通じるので、インターホンから救助を要請しましょう。

インターホンから連絡をした場合は、オペレーターがどのエレベーターで閉じ込め事故が起きたのかをすぐに確認することができます。

携帯電話で救助を要請しようとすると正確に場所を伝えなければいけないため、通常よりも時間がかかってしまいます。

この点は注意しましょう。

4.ドアを無理やり開けようとしない

密室空間から脱出しようとドアを無理やりこじ開けるようなことは厳禁です。

エレベーターのドアを開けた所でその先がどうなっているかはわかりません。

ドアを開けても昇降途中の場所で停止していたなら意味がありませんし、外が危険な状態になっていることもあります。

5.天井からの脱出も試みない

映画やゲームなどではよくあるシーンですが、エレベーターに閉じ込められた時に天井から脱出しようとしても無意味です。

通常、エレベーターの天井は内側から開けられない仕様になっています。

外側からカゴにロックがかかっているため、外から救助に来る人が天井を開けることができても、閉じ込められた人が天井を開けることはできません。

6.騒がない、暴れない

密室空間でのストレスや命の危険でのストレスで神経質になり、ピリピリすることもあるかもしれませんが決して騒いだり暴れたりしてはいけません。

なぜなら、止まっていたエレベーターが急に動き出す可能性があり、騒いでいたせいで舌を噛んだり、暴れて壁にぶつかったり転倒して怪我をすることがあるからです。

7.地震で停止した時

エレベーターに乗っている時に地震が起きても慌てないでください。

平成21年以降のエレベーターであれば「地震時管制運転装置」の設置が義務付けられていて、地震による揺れをセンサーが感知し、自動で最寄りの階で停止するようになっています。

最寄りの階で停止したあとは自動でドアが開放されるので、落ち着いてエレベーターから脱出しましょう。

8.酸素の心配

映画などではエレベーター内の酸素が少なくなるから無駄話をするなというシーンがよくありますが、実際はエレベーター内で窒息するということはほぼ起こりません。

なぜなら、エレベーター内は密室ではあるものの、密閉空間ではないからです。

換気用のファンであったり、換気口がついているのが普通なので、よほどのことがない限り酸素不足になるといったことはありません。

9.エレベーター落下

エレベーターが落下した衝撃で中の人が全滅。

こうしたシーンは映画でよくありますが、通常、エレベーターは落下事故が起きないように緊急ロックされる仕組みがあります。

ロープ式のエレベーターであれば、エレベーターを吊り下げる3本のロープが全部切れたとしても、安全装置が作動しカゴが自動ロックされるので落下の心配はまずありません。

10.備え付けの緊急用品

乗っているエレベーターによっては、エレベーター内に緊急用品が備え付けられていることがあります。

たいていはエレベーター内、隅の三角コーナーに設置されています。

次のようなものが備えられていることがあるので、閉じ込められた際にはどんな緊急用品が用意されているのかを確認しておきましょう。

  • 簡易トイレ
  • 非常食
  • 飲料水
  • トイレットペーパー

11.停電時には非常用バッテリーが作動

通常、エレベーターは非常用バッテリーが設置されており、停電時でも緊急動作ができるようになっています。

この非常用バッテリーは当分は作動するようになっているので、すぐにエレベーター内が停電するといったことはありません。

この間に所持品の中に使えそうなものがないかどうかを確認しておきましょう。

エレベーター閉じ込めは助かる確率が高い

以上、ここまでエレベーター内に閉じ込められた時の対応策を11個まとめてきました。

まず覚えておきたいのは、エレベーターで閉じ込められたとしても、生存率は非常に高いということです。

そして、思ったよりも短時間で救助されます。

緊張感が高まった不安定な状況下では冷静さを失い、時間の流れも長く感じるかもしれませんが、今回のことを覚えておけば冷静に対処できるはずです。

時計があればこまめに時間を確認し、一緒に閉じ込められた人がいた場合には励ましてあげましょう。

-ライフハック
-, ,

Copyright© MC松山の楽しい動画ハック , 2018 All Rights Reserved.