背中が痛くて心臓も痛い…そんな症状が1ヶ月も続くので治し方を調べました

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-0028-10-17-22-20-05

「背中が痛い・・・」

ここ1ヶ月ほど背中が筋肉痛のような痛みが続いて参ってます。。

そんなわけで、背中の痛みについていろいろと調べてみましたので、その結果と治し方をまとめておきます。

どんな生活をしていたら痛くなってきたのか?

どんな人間が背中の痛みで困っているのか分かった方が参考にしやすいと思うので、最初に背景情報を書いていきます。

私は基本的に椅子に座りっぱなしでいることが多く、24時間中14時間くらいは椅子に座りっぱなしです。

横になる時間は8時間くらいで、立ち時間は2時間くらいでしょうか。

座っている椅子は背もたれ付きの椅子(アーロンチェア)とか、座椅子(ホームセンターで2,000円くらいの安いやつ)とかで座り分けしていますが、それにしても運動不足感が否めません。

運動は週に1,2回、3〜4kmジョギングする程度。

そして、姿勢については普段から背筋を真っ直ぐ保つようにはしているんですが、猫背気味で正直姿勢はあんまりよくない方だと思います。

どこが痛いのか?

痛い部位は背中の真ん中あたり。

こちらのサイトの画像を引用させていただくと、7番・8番の箇所になります。

急性大動脈解離とか心筋梗塞とか書かれていてちょっと怖いんですが・・・

軽い気持ちで調べたのにちょっとショック・・・

痛みは鋭い痛みというような感じではなく、筋肉痛のような感じです。

しかし、この痛みが治ってはまた痛んでを繰り返し、かれこれ1ヶ月ほどが経ちます。

どんな時に痛くなるのか?

一番痛くなるのは横向きに寝て起きたあと。

寝てる時はそんなでもないんですが、起きたあとは確実に痛くなっています。

それと、ジョギングした後も痛くなったりしますね。

「単なる運動不足なのかな…?」

と思っていたのですが・・・

最近は心臓の痛みを覚えるように

ある日、驚いたのが寝ている時に急に心臓が痛くなり、あまりの痛さに夜中に目覚めてしまったことです。

※補足:心臓と書きましたが、本当に心臓が痛くなったのかどうかは素人の私にはあやふやなので、心臓があると思われる左胸の内側が痛くなりました

過去に心臓の痛みを感じることはたまにありましたが、この時ばかりは「死ぬかも…」と思いました。

ただ、痛みは5分ほどで収まったのでその後眠りにつくことができたのですが、あの時は本当に怖かった。。

そしてそれ以来、心臓のあたりに圧迫感のような違和感を感じています。

でも内蔵とかに問題はなかった

さすがにここまできたら病院にいけよと思うかもしれませんが、実はこの1ヶ月前、腰痛からきた風邪のような体調不良でそこそこ大掛かりの検査をしたばかりでした。

内科や形成外科、総合病院など合計5院くらいを回って次の検査をしました。

  • CT検査
  • レントゲン検査
  • エコー検査
  • 尿検査
  • 血液検査

しかし、これらの検査をしたものの内蔵系には異常が見られず、骨格も綺麗ということで、最近病院行ったばかりで特に異常がなかったからいいかな・・・

なんて思って病院にはいってません。

※ちなみに、腰痛からきた風邪の症状は最終的には医師も分からず、自律神経系がおかしいのかもしれないという結論に至りました。

腰を壊してから背中の痛みがあらわれるように

この腰痛のときに1週間寝たきり生活をしていたのですが、そのくらいから背中が痛み出しました。

今では腰痛は落ち着いているのですが、背中の痛みはあれから1ヶ月経ってもまだ残っています。

そして、直近では先ほど書いた心臓(なのか胸なのか肩なのか)が痛くなる事態が起きため、改めてこの背中の痛みをググって調べてみることにした次第です。

もし筋肉痛なら1週間ほどで痛みが治まる

いざ「背中が痛い」とググっていろいろ記事を見てみると、最初はただの筋肉痛かと思ってましたが、それが段々と怪しく思えてきました。

背中の筋肉が回復していれば数日から長くても1週間で大体の痛みは治まる

「なんと・・・」

この記事の情報によれば、1ヶ月経っても痛みが消えない場合、それは筋肉痛ではないという可能性が高いわけです。

背中の痛みの原因は2つ

さきほどの記事を読み進めていくと、背中の痛みの原因は2つだということが書いてあります。

  1. 体液の循環不足による回復力の低下
  2. 内臓疾患からくる痛み

1. 体液の循環不足による回復力の低下

体液の循環とは、簡単に言えば水分のことです。

  • 食べ過ぎ
  • 飲み過ぎ
  • 長時間のデスクワーク
  • 労働疲労
  • 疲労の蓄積
  • 睡眠不足

これらが原因で体内を巡る水分が少なくなり、結果として背中が痛くなるというものです。

体液の循環不足による痛みは慢性的な筋肉痛のような痛みということで、私の場合、長時間のデスクワークと飲み過ぎが当てはまっているので、これの可能性が高そうです。

2.内臓疾患からくる痛み

内臓疾患の場合、種類が豊富なため、背中のどの部位が痛くなったかで大体のあたりをつけるようです。

  • 背中の真ん中:心臓
  • 背中の右側:肝臓、胆のう
  • 背中の左側:肺、横隔膜、胃
  • 背中の下側:腎臓

私の場合、背中の真ん中が痛いので心臓が原因である可能性が高まってきました。

さすがに心臓は怖い。。

心筋梗塞になりやすい人の特徴

調べていく内に、下手したら心筋梗塞の可能性があることがわかりました。

そこで、今度は心筋梗塞になりやすい人の特徴について調べてみました。

参考にしたサイトは次のサイトです。

性格

心臓系の病気は次のような性格の人に当てはまりやすいそうです。

  • 攻撃的
  • 競争心が強い
  • せっかち
  • 短気
  • 仕事中心主義

私の場合はこれらのいずれにも当てはまっていないので、性格的に心筋梗塞になりやすいということはなさそうです。

生活習慣

続いて、こんな生活習慣の人が心筋梗塞になりやすいようです。