ウォーキングデッドシーズン7第2話のネタバレ感想!予想外のギャグキャラ登場!?

146943110192743

ウォーキングデッドシーズン7第2話のネタバレ感想を書いていきます!

第1話は衝撃的な展開でしたね。

まさか主力の2人がお亡くなりになるとは・・・

特に、グレンにいたってはシーズン1からの主要キャラ+アジア人枠ということもあったのでかなりショッキングでした。

最初にあらすじを紹介した後、ネタバレありの感想を書いていきます!

前回までのあらすじ

前回までのあらすじ。

ニーガンたちに捕まったリックたち一向。

処刑の犠牲者となったのはエイブラハムとグレンでした。

これにブチ切れたダリルはニーガンに気に入られ、捕虜として囚われます。

一方、グループのリーダーであるリックはニーガンに「ウォーカーたちの群れから手斧を拾ってこい」と命令され、服従の試練を受けさせられました。

なんとか試練を乗り越え、仲間たちの元へ返ってくるリック。

ニーガンはリックたちに「一週間後に物資回収に行くから準備して待ってろよ〜」と言い残してその場から引き上げます。

リックはあまりの衝撃的展開に闘志を失いますが、愛する人を殺された憎しみからマギーは闘うべきだと主張し意見が割れます。

しかし、目先の問題としてマギーは出産が控えているのでサシャと一緒にヒルトップへ。

リックたちは車に乗ってアレクサンドリアへゴーホーム。

というのが前回までのウォーキングデッドでした。

ここから先はシーズン7第2話のあらすじやネタバレ感想を書いていきます。

完全にネタバレ有りなのでご注意ください。

S7第2話のあらすじ

今回はモーガンとキャロルがキングダムにたどり着いた話でした。

シーズン6でボロカスに襲われたキャロルですがモーガンの手により救出され、この時にキングダムのメンバーと鉢合わせします。

オープニングではキャロルが担架に乗せられ運ばれ、キングダムの面々とモーガンがウォーカー退治。

キャロルは戦いの最中なのにウォーカーに人間の幻影を見るようになってしまっています。

キングダムについたキャロルはエゼキエル王と面会。

うさんくさいドレッドヘアと服装、虎を飼いならし、まるで中世の王様のよう。

あまりの胡散臭さにキャロルは人知れずキングダムを抜け出そうと試みますが、エゼキエルはキャロルを引き止め、自分が王をやっているのは演技だということをさらけ出します。

一方、エゼキエルに協力することにしたモーガンは、救世主たちがキングダムからも貢物を得ている光景を目の当たりにし、ここでも一触即発の様相を呈していました。

キャロルは結局キングダムを抜け出すのですが、エゼキエルがキャロルの様子を見に追ってきてエンドロール。

平和に終わりました。

S7第2話の感想

ここからは個人的な感想を書いていきます。

キャロルの異常なまでの回復力

キャロルはシーズン6で足をボロボロにされていたと思うんですが、第2話が終わる頃には普通に歩けるまでに回復してましたね。

異常なまでの回復スピード。

それほど時間が経ったということでしょうか?

でも、リック達と分かれてからの話だからそんなに時間は経ってないと思うんですが…

キャロルはシーズン5でも車に思いっくそ引かれて重体になったことがあります。

この時は医者に「助からないかもしれない」とまで言われ、回復後もしばらく車椅子に乗っていました。

ということは車椅子は2度目ですね。

でも、あの時もいつの間にかすっかり回復していました。