ゲーム・オブ・スローンズシーズン3のネタバレ感想

26973

ゲーム・オブ・スローンズのシーズン3を見たのでネタバレ感想を書いていきます!

※前シーズンについてはこちらから

シーズン3のあらすじ

ストーリーは基本的に3つの話が中心。

1つは、内乱の話。

シオンに裏切られてウィンターフェルを失ったロブはラニスター家を討つために進軍するも、過去の婚約の約束を破ったことを恨んでいた双子城城主が裏切り。

まさかのロブ死亡、そしてその母親のキャトリンも死亡。

一方、裏切り者のシオンはいちもつを切られる。

ジェイミーは王都へ帰還途中、腕を切り落とされるも、女騎士との信頼を育みつつ、なんとか王都へ帰還。

2つは、壁の話。

ジョンは野人陣営のイグニッドと恋に落ちる。

野人がナイツウォッチを襲撃するため、ジョンは彼らと一緒に壁を超える。

ジョンは機を見て野人陣営を裏切り、イグニッドの追撃を受けるも黒の城へと命からがら逃げ延びる。

3つは、デナーリスの話。

船を手に入れ大陸を渡ったデナーリスは、軍力を拡大するために奴隷を解放しつつ街を手にしていく。

その道中で穢れなき軍隊を手にし、強そうなアサシンを手にし、最終的には何万もの奴隷を解放し、人民を掌握する。

シーズン3を見た感想

それでは、ここからはゲーム・オブ・スローンズシーズン3を見た感想を書いていきます。

物語が動き始めて面白くなってきた

シーズン3は物語がめちゃくちゃ動きましたね。

シーズン1で主人公かと思ってたネッドが死んだ後、それ以降はスターク家の主人公は長男のロブかと思っていたんですが、まさかロブも死ぬとは思いませんでした。

「えっ!?死ぬの!?」

思わずリアルにつぶやいてしまいましたもん。

それに、ロブの母親のキャトリンまで。

あれはかなり衝撃的なシーンでしたねー。

ゲーム・オブ・スローンズって主要キャラが思った以上にあっけなく退場していくんで、潔いというかなんというか。

今までずっと捕虜だったジェイミーも、途中、右手を失いながらも命からがら王都へ帰還し、この後の話も気になります。