楽しい動画をもっと賢く楽しむ

MC松山の楽しい動画ハック

ドラマ

ウォーキングデッドシーズン7第4話のネタバレ感想!

投稿日:2016年11月14日 更新日:

ウォーキングデッドシーズン7第4話のネタバレ感想を書いていきます!

第1話はリック回、第2話はモーガン&キャロル回、第3話はダリル回でした。

そして、第4話はリック回でした。

これでリック→モーガン→ダリルと一周した感じですね。

それでは、最初に前回までのあらすじを紹介した後、第4話のあらすじとネタバレありの感想を書いていきます。

前回までのあらすじ

第1話はリック回。

ニーガンの手により、グレンとエイブラハムが死亡。

リックはニーガンに教えを叩き込まれ、戦意を喪失。

リックたちはとりあえずアレクサンドリアへ帰還し、マギーとサシャはヒルトップへ。

第2話はモーガン&キャロル回。

重傷を負っていたキャロルはキングダムに運ばれ回復。

キングダムは一見理想的な平和なコミュニティで、エゼキエル王という虎を飼うユニークなリーダーと会う。

モーガンはエゼキエルに強力し、ここでも救世主たちの魔の手が伸びていることが分かる。

第3話はダリル回。

ニーガンに捕らえられたダリルは独房に入れられて洗脳をはかられる。

しかし、ダリルは隙を見て脱走を試みる。

が、ニーガンに見つかり連れ戻される。

ここから先はシーズン7第2話のあらすじやネタバレ感想を書いていきます。

完全にネタバレ有りなのでご注意ください。

S7第4話のあらすじ

アレクサンドリアでニーガンへ供給する物資を集めようとしていたリック達。

そんな矢先、約束の一週間を待たずしてニーガンが物資回収のためにアレクサンドリアを訪ねてくる。

ニーガングループの中には捕虜となったダリルもいて、ひとまずリックもダリルが無事だということを確認できる。

ニーガンたちが物資を集めている最中、カールが小競り合いを起こし銃を発砲。

これをきっかけにニーガンはアレクサンドリアの武器を全回収しようとする。

それに大人しく従うリックであったが、なぜか武器庫の銃が2丁足りないという事態に。

「銃が見つからなければ武器庫を管理していたオリビアがどうなっても知らないよ〜」とニタつくニーガン。

銃を必死に探し回るリックたちは、スペンサーの家の床下から隠されていた物資を発見。

この中に銃があり、オリビアはなんとか事なきを得る。

また、狩りに出ていたミショーンが帰ってきた時には武器リストに乗っていなかったスナイパーライフルを献上し、とにかく抵抗の姿勢を見せないようにするリック。

ただ、その手は怒りに震えていて、ニーガンから渡されたルシールを何度も力強く握りしめては屈辱に耐えるリック。

ニーガンは最後に「次回は何か面白いもの用意しておけよ」といって、今回は犠牲者ゼロで乗り切る。

しかし、自分の隠し物資が勝手に漁られたことでスペンサーはリックに対して不満を抱き、ロジータは銃を隠し持ってニーガンに反撃すべく、銃弾の製造をユージーンに依頼する。

S7第4話の感想

ここからは第4話を見ての個人的な感想を書いていきます。

謎カメラワーク

なんか今回、一箇所だけ変なカメラワークがありませんでした?

どのシーンかというと、ニーガンがアレクサンドリアを訪れた時に「なんていい所なんだ!」といって、ニーガンのアップからヒュンッと街の引きになったシーンです。

ちなみに、あのシーンで一瞬、小峠の「なんて日だ!」というギャグを思い出したのは内緒です。

ウォーキングデッドのカメラワークって基本的に”静”のイメージが強いので、あそこまで急速にカメラが引くと緊張感が欠けてちょっとチープな感じがしますね。

今回の謎カメラワークで思い出したのですが、ウォーキングデッドってたまにわけわからないカメラ演出する時ありますよね。

シーズン6だとリックがカールを助けるためにジェシーの腕を斧で切断したシーン。

なんか赤いフラッシュのカットインが入ったけど、あれもウォーキングデッドには珍しい演出だったのでちょっと違和感あった。

ドワイトはやっぱクソ

第3話でドワイトは悪党ながらも、ニーガンの被害者であるという描写がされていたので「ああ、コイツも苦労してんだな」と、前回まではなんとなく同情の念を抱いていました。

が、第4話を見て「あーやっぱりコイツ、クソだわ」と思いました。

なぜ、ドワイトはあそこまでロジータに無駄に絡んで飲み水を捨てたのか?

はっきりいってよく意味がわかりません。

2人の間にそんなに因縁あったっけ?

貴重な飲み水がもったいない・・・

ロジータの帽子をとって嫌がらせをしたり、何回も「ロジータ!ロジータ!」と名前を連呼するし、ひょっとして好きなのか?

だとしたらドワイトは小学生レベルの愛情表現しかできない男ということに・・・

そう思うとちょっぴり可愛く思えてくるから不思議です。

ミショーンの銃の腕がひどい

OPでミショーンがスナイパーライフルをこっそり持ち出して出かけていったので、何をするのかと思いきゃ、ただの射撃訓練でした。

しかし、射撃の腕が下手クソすぎる。

トロい的なのに何発撃っても当たらない。

ウォーカーが近距離まで近づいてきても当たらない。

というか、照準は上手く合わせられてる気がするのに当たってない感じでした。

ということは、ミショーンの腕が悪いのではなく、スナイパーライフルが悪いのでは?

そう思って過去、ミショーンが銃を使ったシーンを思い出してみたのですが、アンドレアを介錯した時くらいしか思い出せない・・

刀のイメージが強すぎるだけか?

何気にミショーンが銃を撃ってるシーンってあんまり印象にないよね。

タラが見事に出てこない

シーズン6からめっきり出番が減ったタラだけど、シーズン7にいたってはここまでタラの出番なし。

前作よりひどいこの状況に、もはや忘れてしまってる人もいるのでは?

でも、これには理由があって、タラ役のアラナ・マスターソンは2015年に妊娠・出産をしたそうで、その影響でシーズン6もあまり出番がなかったんだそうな。

それで、シーズン7前半とシーズン6後半の撮影は同時期にされていたという情報もあり、おそらくシーズン7前半はタラの出番はナシだと思われる。

シーズン6の時には妊娠の影響で太っていたことが指摘されていたけど、シーズン7後半で出番がやってくる頃にはやせているんだろうか。

このままフェードアウトだけはやめて欲しい所である。

ジュデュスの親

今回、リックがさらっと言ってましたけど、ジュデュスはローリとシェーンの娘なんですね。

これは意外だったし、ちょっとショックでした。

なんかここに来てあの2人の名前を聞くのも懐かしいですが、まさかジュデュスの父親がシェーンだったなんて・・・

リックの心境はさぞ複雑でしょうね。

でも、それを今まで誰にも言わず、ジュデュスを実の子として受け入れているリックの男の器のデカさよ。

これには感服せざるをえない。

今後のストーリーはどうなるか?

今回、ニーガンがアレクサンドリアに来たことによって、今後、いろいろとストーリーが動きそうな気配がでてきました。

1つは、アレクサンドリア内での内部分裂の空気。

スペンサーはリックへの不満を露わにしていましたが、リックがニーガンに従い続けることによって、アレクサンドリア内部で少しずつ軋みが生まれてきそうな気配がします。

2つは、ロジータが隠し持っている銃。

リックはニーガンに全ての武器を渡したと思っていますが、実はまだロジータがいっちょう隠し持っている。

そして、この銃がニーガンたちに見つかればルシールの餌食になる被害者が出てくるでしょうし、見つからずに上手くやり通せばニーガンに一泡吹かせるカギになります。

いずれによせ、この銃の行方がどうなるかでさらなるカオス展開に進みそうです。

次回はおそらくモーガン&キャロル回だと思いますが、そろそろ物語が大きく動いて欲しいところです。

-ドラマ
-

Copyright© MC松山の楽しい動画ハック , 2018 All Rights Reserved.