ウォーキングデッドシーズン7第4話のネタバレ感想!

146943110192743

ウォーキングデッドシーズン7第4話のネタバレ感想を書いていきます!

第1話はリック回、第2話はモーガン&キャロル回、第3話はダリル回でした。

そして、第4話はリック回でした。

これでリック→モーガン→ダリルと一周した感じですね。

それでは、最初に前回までのあらすじを紹介した後、第4話のあらすじとネタバレありの感想を書いていきます。

前回までのあらすじ

第1話はリック回。

ニーガンの手により、グレンとエイブラハムが死亡。

リックはニーガンに教えを叩き込まれ、戦意を喪失。

リックたちはとりあえずアレクサンドリアへ帰還し、マギーとサシャはヒルトップへ。

第2話はモーガン&キャロル回。

重傷を負っていたキャロルはキングダムに運ばれ回復。

キングダムは一見理想的な平和なコミュニティで、エゼキエル王という虎を飼うユニークなリーダーと会う。

モーガンはエゼキエルに強力し、ここでも救世主たちの魔の手が伸びていることが分かる。

第3話はダリル回。

ニーガンに捕らえられたダリルは独房に入れられて洗脳をはかられる。

しかし、ダリルは隙を見て脱走を試みる。

が、ニーガンに見つかり連れ戻される。

ここから先はシーズン7第2話のあらすじやネタバレ感想を書いていきます。

完全にネタバレ有りなのでご注意ください。

S7第4話のあらすじ

アレクサンドリアでニーガンへ供給する物資を集めようとしていたリック達。

そんな矢先、約束の一週間を待たずしてニーガンが物資回収のためにアレクサンドリアを訪ねてくる。

ニーガングループの中には捕虜となったダリルもいて、ひとまずリックもダリルが無事だということを確認できる。

ニーガンたちが物資を集めている最中、カールが小競り合いを起こし銃を発砲。

これをきっかけにニーガンはアレクサンドリアの武器を全回収しようとする。

それに大人しく従うリックであったが、なぜか武器庫の銃が2丁足りないという事態に。

「銃が見つからなければ武器庫を管理していたオリビアがどうなっても知らないよ〜」とニタつくニーガン。

銃を必死に探し回るリックたちは、スペンサーの家の床下から隠されていた物資を発見。

この中に銃があり、オリビアはなんとか事なきを得る。

また、狩りに出ていたミショーンが帰ってきた時には武器リストに乗っていなかったスナイパーライフルを献上し、とにかく抵抗の姿勢を見せないようにするリック。

ただ、その手は怒りに震えていて、ニーガンから渡されたルシールを何度も力強く握りしめては屈辱に耐えるリック。

ニーガンは最後に「次回は何か面白いもの用意しておけよ」といって、今回は犠牲者ゼロで乗り切る。

しかし、自分の隠し物資が勝手に漁られたことでスペンサーはリックに対して不満を抱き、ロジータは銃を隠し持ってニーガンに反撃すべく、銃弾の製造をユージーンに依頼する。

S7第4話の感想

ここからは第4話を見ての個人的な感想を書いていきます。

謎カメラワーク

なんか今回、一箇所だけ変なカメラワークがありませんでした?

どのシーンかというと、ニーガンがアレクサンドリアを訪れた時に「なんていい所なんだ!」といって、ニーガンのアップからヒュンッと街の引きになったシーンです。

ちなみに、あのシーンで一瞬、小峠の「なんて日だ!」というギャグを思い出したのは内緒です。

ウォーキングデッドのカメラワークって基本的に”静”のイメージが強いので、あそこまで急速にカメラが引くと緊張感が欠けてちょっとチープな感じがしますね。

今回の謎カメラワークで思い出したのですが、ウォーキングデッドってたまにわけわからないカメラ演出する時ありますよね。

シーズン6だとリックがカールを助けるためにジェシーの腕を斧で切断したシーン。