楽しい動画をもっと賢く楽しむ

MC松山の楽しい動画ハック

ドラマ

ゲーム・オブ・スローンズシーズン6のネタバレ感想

投稿日:2016年11月17日 更新日:

ゲーム・オブ・スローンズのシーズン6を見たのでネタバレ感想を書いていきます!

※これまでのシーズン

シーズン6のあらすじ

シーズン6のストーリーは基本的に5つの話が中心。

1.王都

王都ではハイスパローが権力を握り、トメンをコントロールしてサーセイを審判の裁きにかけようとする。

しかし、サーセイはこれを拒否し、大聖堂を鬼火で爆破。

ハイスパロー消し去り、その場にいたマージェリーも一掃する。

この一件でトメンはマージェリーを失い、ショックを受けて自殺。

王がいなくなったため、サーセイが王を引き継ぎ鉄の玉座を手にする。

2.北部

一度死んで復活したジョンはナイツウォッチの務めを終え、ラムジーに奪われたウィンターフェル奪回に動く。

ラムジーはスターク家の嫡男であるリコンを人質にとり、ジョンとの開戦間際にリコンを弓で射殺する。

ジョンの軍勢は圧倒的劣勢に追い込まれるが、サンサが救援要請した谷間の騎士が駆けつけピンチを打開。

ラムジーを追い詰め、サンサは遂に復讐を果たす。

この戦いでジョンの活躍が北の諸侯らに認めら、北の王「白き狼」として君臨することになる。

3.デナーリス

デナーリスはドスラク族に捕まるもののドスラク族のリーダーたちを焼き討ちし、自らがリーダーだということを示してドスラクの軍隊を手に入れる。

一方、ミーリーンでは女王不在の中、親方たちが反乱を起こし、ティリオンは対応に迫られる。

そんな最中、ドラゴンに乗って帰還したデナーリスがドラゴンの圧倒的な力を見せつけ、反乱を鎮圧。

また、ヤーラとシオンが鉄の諸島から逃げ出してきてデナーリス軍につき、これにより船を手に入れたデナーリス軍は海を渡り、遂に王都へ向かう。

4.アリア

命令に背いたことで視力を奪われたアリアだが、もう一度チャンスを与えられて、今度は女優暗殺を命じられる。

しかし、アリアは善良な女優を暗殺することに疑問を持ち、またもや命令に背く。

二度も命令に背いたアリアに対し、ジャクェンは追手を差し向けるがアリアはこれを辛くも返り討ちにする。

これにより、アリアは「アリア・スターク」としてジャクェンの元を去り、兄ロブと母キャトリンを謀殺したフレイを暗殺し、復讐を果たす。

5.ブラン

ブランは三つ目の鴉の王と出会い、過去に遡ってホワイトウォーカーの謎や、父ネッドの過去を知る。

しかし、千里眼を使っていた所、ブランは夜の王に気づかれて印を刻まれる。

これが原因で聖域の結界が破られ、ブランたちは大ピンチに。

ホーダーが盾となって時間を稼ぎ、叔父ベンジェンが駆けつけてくれたおかげでブランとミーラはなんとか無事に助かる。

シーズン6を見た感想

それでは、ここからはゲーム・オブ・スローンズシーズン6を見た感想を書いていきます。

落とし子の戦争シーン

ジョンとラムジーの軍がぶつかって戦争になったシーンがありましたが、あれがかなり壮観でした。

もう、ものすんごいリアリティ。

敵味方入り混じった戦場のリアルさと激しさ。

もし、自分だったらあんな中にまともに立ってられないですね。

馬と馬が激突するシーンがありましたが、あの撮影はどうやったんでしょうか?

めちゃくちゃリアルでしたし、次から次へと敵がジョンに襲いかかったり、それをカバーする味方がいたり。

それぞれの演技や、演技タイミングがかなり大変だったんじゃないでしょうか。

また、ジョンとラムジーが一騎打ちになり、ラムジーが射る矢をジョンが盾で受け止めるシーンがありましたが、あれもかなりリアルでした。

矢が盾を貫通する瞬間とかどうやってたんでしょうか?

観ていて、かなり気合入ってんなーと思いました。

なんにせよ、ラムジーが報いをうけてスッキリしたのは私だけじゃないはず。

サンサの身長がデカい

シーズン6を見てて思ったのですが、サンサの身長がやたらデカい気がしました。

ジョンと並んで立つようなシーンが多かったですが、いつもジョンがサンサのことを見上げてる。

このおかげでサンサがやたらとデカい印象を受けてしまいました。(ベイリッシュ公と並んだ時もサンサの方がちょっとデカく見えましたし)

目測で185cmくらいあるんじゃないかと思って調べてみたんですが、女優のソフィー・ターナーの身長は175cm。

ジョン役のキット・ハリントンは173cm。

ベイリッシュ公役のエイダン・ギレンは178cmだそうです。

実はそんなに変わりませんでした。

でもめっちゃデカく見える・・・

サンサがわがまま女に

またもやサンサの話ですが、ジョンとラムジーが戦争することになった時に、サンサが戦のことを知らないのにやたらとジョンに噛み付いて意見を言っていたのがちょっとウザかったです。

開戦直前には「兵力が足りないからまだ軍勢を整えるべきよ!」とか言ってましたが、そもそもベイリッシュ公の助力を勝手に断って兵力不足をなっていたわけじゃないですか・・・

あのわがままっぷりはひどい。

「お前が口出すなよ…」とツッコミたくなったのは私だけじゃないはず。

最終的にはベイリッシュ公に助力を頼み、ジョンに謝罪して関係を修復していましたが、シーズン6のサンサには大分ムカムカしました。

今までひどい環境で耐えてきたせいで性格がひねくれてしまったのでしょうか。

あの性格が災いしないか、今後のサンサがちょっと心配です。。

リコン・オシャがあっさり退場

シーズン3以降、姿をくらましていたリコンとオシャがシーズン6で久しぶりに再登場。

過去シーズンでは、シオンの急襲からブランとリコンを救い出し、今回もオシャの活躍に期待しましたが、再登場と同じ回にあっさり退場。

なんともあっけない・・・

また、リコンに関してはスターク家の子供でありながら、作中一度も見せ場がなく退場。。

ロブは北の王になりましたし、サンサはしたたかな女としていろいろがんばってますし、アリアはアサシンになりましたし、ブランは超能力まで手にしました。

末っ子のリコンがいつ、どんな活躍を見せてくれるのかと楽しみにしていましたが、一度も活躍することなく昇天。

ってか、なんで弓で狙われてるのに真っ直ぐ走って逃げているの?

もっとジグザグに走るとか、バック走してラムジーが射る瞬間に軸をズラすとかいろいろ手があったのでは?

ブランが成長して別人に

シーズン1で見たブランはちっちゃくてかわいかったですが、シーズンを重ねるごとに成長して、今ではもう立派な大人に見えます。

シーズン6で短髪になって出てきた時には、最初は誰だかわかりませんでした。

一方、それに比べてアリアは全然変わらない。

いや、作中の強さは激変してるんですが、容姿が全く変わらない。

最初に髪をバッサリ切りましたが、あれは理由があったので納得できますし、シーズン通して容姿が一番変化していないのアリアなんじゃないでしょうか。

顔を変えるスキルをマスターしたわけですが、今後はどんな風に出てくるんでしょうか。

役者も入れ代わり立ち代わりなんでちょっと大変そう。

おわりに

以上、ゲーム・オブ・スローンズシーズン6の感想でした。

シーズン6のラストで、デナーリスが海を渡って王都を目指すシーンがありましたが、いよいよ王都に主要登場人物が結集してくのでワクワクしてきました。

ジョンも北の王になりましたし、王都絡みの話がまた出てきそうです。

あと、個別で浮いているハウンドやサム、アリアが今後どの勢力に与していくかも気になるところです。

シーズン7の放送は2017年夏を予定しているようで、今から続きが気になって仕方がありません。

-ドラマ
-

Copyright© MC松山の楽しい動画ハック , 2018 All Rights Reserved.