ウォーキングデッドシーズン7第5話のネタバレ感想!

146943110192743

ウォーキングデッドシーズン7第5話のネタバレ感想を書いていきます!

前回の第4話はリックたちの拠点であるアレクサンドリアに、ニーガンが物資を徴収にやってくる回でした。

ここで銃を全回収されたと思っているリックですが、実はまだロジータが拳銃を一丁隠し持っています。

はたしてこれが今後どうストーリーに響いてくるのか?

それでは、ここからは第5話のあらすじとネタバレを含んだ感想になりますのでご注意ください。

S7第5話のあらすじ

マギーとサシャは無事にヒルトップに辿り着き、胎盤の検査を受け、お腹の中の赤ちゃんが無事だということが分かる。

その間、サシャはグレンとエイブラムを埋葬し、思い出の品を供える。

2人がヒルトップにいることに気付いたグレゴリーは、救世主たちにこのことが知れたら、アレクサンドリアとヒルトップが結託して救世主のアジトを襲ったことがバレるのではないかと心配になり、翌朝にはヒルトップから出ていくようにとマギーとサシャに命令する。

しかし、その夜、突如ヒルトップの門の入り口で爆音ミュージックが流れ、ウォーカーの群れがヒルトップの中になだれこんでくる。

だが、この混乱をサシャ、ジーザス、マギーが収拾し、犠牲者が出ることなく無事に収まる。

ジーザスはグレゴリーに対し、「マギーとサシャのおかげでヒルトップが無事なんだから2人をヒルトップに置いてもいいじゃないか」と説得を試みるも、グレゴリーは全く聞く耳もたず。

のれんに手押し状態で口論になりかける中、突如、ヒルトップに救世主たちが来襲する。

グレゴリーは咄嗟にマギーとサシャにクローゼットの中に隠れるように指示をするも、グレゴリーは2人を売ろうとする。

しかし、ジーザスの計らいで2人は事なきを得る。

恩人を裏切ったグレゴリーに対し、ジーザスは「お前トップやめろ」と糾弾。

マギーもグレゴリーの顔面に一発お見舞い。

結果的にグレゴリーは力を失い、マギーとサシャはヒルトップへの滞在を認められる形になる。

一方、イーニッドとカールにも動きが。

イーニッドはグレンを失ったマギーを心配し、アレクサンドリアからヒルトップに向かう。

これを見かけたカールはイーニッドを追いかけ、2人でヒルトップを目指すことに。

道中いちゃこらしながらも2人は無事にヒルトップにたどり着き、救世主たちの強奪現場を目撃。

ここで2人は別れ、イーニッドはマギー、サシャと合流し、グレンの形見を受け取る。

カールは救世主たちを殺すためにトラックに忍び込む。

また、ジーザスもニーガンのアジトを突き止めるためこのトラックに忍び込み、カールとジーザスは合流をはたす。

S7第5話の感想

ここからは第5話を見ての個人的な感想を書いていきます。

結構あっさりヒルトップについてた

第1話でリック達と別れたマギーとサシャですが、恋人が目の前で頭を砕かれた精神状態のあと、身重のマギーとサシャだけでヒルトップにたどり着けるのか?…と思ってましたけど、思った以上にあっさりついていました。

道中、ウォーカーの大群とか誰かしらの人間に襲われないか心配でしたが、全くもってそんなこともなく。

というか、この後にカールとイーニッドの子供2人でアレクサンドリアからヒルトップに問題なく着けたわけですから、案外危険が少ない道なんでしょうか。