楽しい動画をもっと賢く楽しむ

MC松山の楽しい動画ハック

ライフハック

クラウドソーシングで小遣い稼ぎ?今はクラウドワークス一択かな

投稿日:2016年11月26日 更新日:

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-0028-11-26-20-16-37

シェアリングエコノミーで地域問題を解決する「シェアリングシティ」なる計画に、次の5つの市が参画するというニュースがありました。

  • 秋田県湯沢市
  • 千葉県千葉市
  • 静岡県浜松市
  • 佐賀県多久市
  • 長崎県島原市

なんでも、この中にはクラウドソーシングを積極的に取り入れ、雇用創出を狙う市もあるそうな。

これからますますクラウドソーシングの注目が高まる気運があるわけですが、今から始めるのであれば個人的には「クラウドワークス」一択かな、と思います。

クラウドソーシングについて

クラウドソーシングというのは、簡単に言ってしまえば仕事仲介所のようなものです。

ハロワに行くとPCで求人をかけている企業をいろいろと調べられるじゃないですか。

あれと同じ感じでクラウドソーシングサイトを覗くと、仕事の案件がガーッと一覧で表示されます。

あとは、その中からあなたがやりたい仕事を選ぶだけ。

仕事によっては数十万稼げるような本格的な長期契約の仕事や、5分程度で終わる簡単な単発仕事など、様々なバリエーションがあります。

初心者におすすめなクラウドソーシングはどこ?

クラウドソーシングサービスを提供しているプラットフォームはいくつかあります。

いろいろ種類があるのでこれからクラウドソーシングでお小遣い稼ぎしようと思っている人は、一体全体どこに登録したらいいのか迷うかもしれません。

参考までに有名所を紹介すると、次の3つ。

  1. クラウドワークス
  2. ランサーズ
  3. シュフティ

さて、今から始めるのであればどれが一番いいのか?

結論から言いましょう。

今ならクラウドワークス一択です。

クラウドワークスがおすすめな理由

クラウドワークスがおすすめな理由には明確な理由がありまして、一言でいってしまうと「一番お得」だから。

この一点につきます。

クラウドソーシングを利用するとワーカーは仕事を見つけお金を稼ぐことができるのですが、その代わりに2つの手数料が取られます。

  1. システム利用料
  2. 振込手数料

システム利用料というのは、クラウドソーシングでの仕事が完了した時に仕事を仲介してくれた対価としてクラウドソーシング運営会社に支払う手数料のことです。

振込手数料というのは、報酬が銀行口座に支払われる時にかかる手数料のことです。

手数料比較

それでは、シュフティ、ランサーズ、クラウドワークスの順で手数料を比較してみましょう。

シュフティ

  • システム利用料・・・一律10%
  • 振込手数料・・・一律540円

業界平均のシステム利用料は20%ですが、シュフティは一律10%と安めの手数料です。

一方で、振込手数料が少しネックです。

https://support.shufti.jp/hc/ja/articles/204701274-%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E5%88%A9%E7%94%A8%E6%96%99%E3%81%A8%E3%81%AF

https://support.shufti.jp/hc/ja/articles/206045252-%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E4%B8%80%E8%A6%A7

ランサーズ

  • システム利用料・・・報酬10万円以下の仕事は20%
  • 振込手数料・・・楽天銀行は100円、それ以外は500円

システム利用料は業界標準の20%です。

ただ、10万円超えの報酬部分については10%、20万超えの報酬部分には5%の手数料と、報酬額によって手数料が割安になります。

しかし現実問題として、クラウドソーシングで20万以上稼ぐとなると片手間じゃ厳しいですし、一定以上のスキルが必要になってくるので初心者の人にはあまり関係ない部分です。

振込手数料に関しては楽天銀行を選べば100円と結構安いです。

http://www.lancers.jp/help/rule

クラウドワークス

  • システム利用料・・・タスク形式の仕事なら手数料0円
  • 振込手数料・・・楽天銀行税込み100円、他行税込み500円

タスク形式(単発仕事)なら手数料が0円という破格のシステム。

このためにクラウドワークスが一番おすすめだと言っています。

それ以外の仕事形式はランサーズと同じで10万円以下の部分は20%、10万円超えは10%、20万円超えは5%となっています。

振込手数料も楽天銀行なら100円ということでかなり安いです。

https://crowdworks.jp/pages/howitworks/members-prices.html

手数料が0円の理由

クラウドソーシングサービスのビジネスモデルは、基本的にワーカーから手数料を貰う「手数料モデル」になります。

つまり、本来であれば手数料を0円にしたら儲からなくなってしまうので、クラウドワークスの手数料0円というのは普通なら有り得ないわけです。

では、なぜクラウドワークスは手数料0円に出来たのか?

これは、クラウドワークスのビジネスモデル転換が大きく関係しています。

手数料モデルから次のモデルへシフト

クラウドワークスは従来の手数料モデルから、次のビジネスモデルへシフトしようとしています。

具体的には個人向け金融事業、ワーカー向け社会保険、企業向けクラウドワーカー採用支援事業を始めており、ここで収益を構築するモデルに転換しつつあります。

ようするにワーカーを囲い込むことで、その周辺のサポートビジネスで収益を上げていこうというわけです。

そして、ワーカーを呼び寄せるための一手が手数料0円であり、競合に対しては価格破壊戦略に打って出たわけです。

なぜタスク形式が0円なのか?

手数料0円といっても、今のところ対象はタスク形式のみです。

これには理由があって、ワーカーが実績を積みやすくするためだということが公言されています。

クラウドソーシングはワーカーの仕事実績が記録として残り、クライアントはこの実績を参考に難易度が高い高額案件を任せるワーカーを選別しています。

つまり、実績がないワーカーは基本的に報酬が安い仕事(責任が軽い仕事)しか請け負えず、実績が評価されているワーカーには高額案件(責任が重い仕事)が飛び込んでくるようになっています。

この辺は会社とかバイトとかでも一緒の話ですよね。

もしもクラウドワークスが一人勝ちしたら?

先にも話した通り、クラウドワークスは手数料モデルの業界じゃありえないような価格破壊戦略に打って出たわけです。

これによってワーカーが大量に集まるようになれば、仕事を発注するクライアントも「クラウドワークスに案件を投げた方が早いや」ということで、ワーカー&クライアントの両方がクラウドワークスに流れてくるでしょう。

そうなればクラウドソーシングサービスの市場は、もはやクラウドワークスの一人勝ちです。

では、この時の絵をワーカー視点で見てみましょう。

今からクラウドワークスをやっておくべき

クラウドワークスが一人勝ちとなれば、ワーカーが溢れることになります。

こうなると案件に応募した時に倍率が高くなるわけで、実績がない初心者ではなかなか仕事を受注することができないといった可能性が考えられます。

そこで提案です。

このままクラウドワークスが価格破壊戦略を進め、対抗馬が出てこなければおそらくクラウドワークスが一人勝ちしますから、こうなる前に今からクラウドワークスで実績を積んでおくというのはどうでしょう?

今のうちに実績を積んでおけば、クラウドワークスにライバルとなるワーカーが流れてきたとしても有利になります。

別サイトでランサーズがオススメされている真の理由

クラウドソーシングを始めようと思ったときに「クラウドソーシング 比較」といったキーワードで調べてみると、いろいろな比較記事がヒットします。

実際にこういった記事を見てみると、なぜかほとんどの記事でランサーズが推されていることが散見されます。

初心者の人ならこれらの比較記事を見て「いろんな人がランサーズをおすすめしているから、きっとランサーズがいいんだろうな」と判断してしまう事でしょう。

ですが、これには裏がありまして、ランサーズが推されている真の理由はアフィリエイトが絡んでいるからです。

ランサーズのアフィリエイト報酬

ランサーズには公式アフィリエイトページがあり、新規会員登録で100円、登録者が仕事依頼まですれば1000円の報酬が入る仕組みになっています。

一方でクラウドワークスにはアフィリエイトがありません。

以前はあったようですが、会員数がある程度集まったので取りやめたのでしょう。

私もランサーズを紹介すればお金になるので、本来ならランサーズを紹介すればいいのですが、個人的にどう考えても現時点ならクラウドワークスの方がおすすめですので、クラウドワークス一択だという主張をしてます。

最後に

ここまでクラウドワークスについて語ってきたので、少なからずあなたはクラウドワークスに興味を持ったかもしれません。

もし、クラウドワークスでお小遣い稼ぎを始めようと思ったなら、予め楽天銀行の口座を用意しておくことをオススメします。

理由は単純で、振込手数料が500円から100円になるから。

振込先口座が楽天銀行なだけで400円もお得、1/5もコストカットできるんですよ。

だったら完全に楽天銀行の方がいいじゃないですか。

というわけで、クラウドワークスに登録するなら楽天銀行も開設しておくといいですよ。

-ライフハック
-,

Copyright© MC松山の楽しい動画ハック , 2018 All Rights Reserved.