楽しい動画をもっと賢く楽しむ

MC松山の楽しい動画ハック

ニュース

【2017年9月8日】太陽フレアが与える影響とは?爆発の様子画像

投稿日:2017年9月7日 更新日:

太陽フレアが2017年9月8日の日本時間15:00〜0:00にかけて地球に到来することが予測されました。

この太陽フレアは2回爆発が起きており、規模としては最大級規模のフレアになります。

これが一体、私達にどういった影響を及ぼすのか?

そもそも太陽フレアとは一体なんなのか?

注意すべきことはあるのか?

これらを一挙まとめていきます。

2017年9月8日到来の太陽フレアについて

今回の太陽フレアが観測されたのは9月6日18時頃。

この太陽フレアのレベルはX2.2という最大レベル。

そして、同じ日の9月6日21時頃、2回目の爆発としてX9.3の最強レベルのフレアが観測され、このX9以上のレベルに達したのは、2006年12月5日以来で過去11年ぶり。

通常の1000倍を誇る大規模爆発です。

ちなみに、Xレベルの太陽フレアは2015年5月5日以来、2年4か月ぶりとされています。

この太陽フレアの影響により、人工衛星障害や携帯電話などの機器に通信障害をもたらす可能性があるとされていて、地球には9月8日15:00〜0:00に到来すると言われています。

地球と太陽の距離はおよそ149,600,000km離れているのですが、この距離の関係で、大体2日後遅れで地球にやってくるわけですね。

ちなみに、太陽フレアの爆発の規模は水素爆弾10万〜1億個ものレベルと言われていて、もし、地球が太陽のそばにあったらひとたまりもなく消し飛ぶと言われています。

距離が離れていてよかった。。

また、太陽フレアが到来したあと、その後、一週間も影響が残るとされていますので、通信障害の影響がどうなるかということも心配されています。

太陽フレアとは?

太陽フレアとは、太陽の表面で起こる爆発現象のことです。

このことから別称、「太陽面爆発」とも呼ばれることがあります。

この太陽フレアには爆発規模によってレベルが設定されていて、太陽フレアのレベルはX線の強度によって次のようにレベル分けされています。

A < B < C < M < X

太陽フレアは小規模なものであれば1日に3回程度起きているとされていますが、大規模なものはそうそうなく、今回は過去11年ぶりの大規模太陽フレアだったので報道されているというわけです。

ちなみに、NASAによれば2012年7月に巨大な太陽フレアが地球をかすめたあと、次の10年間に同程度のフレアが実際に地球を襲う確率は12%であると推定していますが、今回はこの12%を引き当ててしまったかもしれません。

太陽フレアが地球に与える影響

2012年に巨大な太陽フレアが地球をかすめたという話をしましたが、このときはもし、太陽フレアが地球に直撃してぶつかっていたら世界の電力が全て落ちてしまう可能性があったと言われています。

だとしたら、今回9月8日の最強レベルの太陽フレアも、もし直撃したら世界中の電力がダウンし、通信網もガタガタになって世界中に大混乱を招く可能性があります。

2003年に起きた過去最大級の太陽フレアでは、実際にスウェーデンで停電が発生する影響がありました。

また、こちらは太陽フレアではありませんが、1989年にカナダのケベックに激しい磁気嵐がやってきたときは電力システムがダウンしてしまい、9時間にわたる停電が起こりました。

この影響は600万人に影響を与え、電力システムが破壊されてしまったために復興に数ヵ月をかかったという報告があります。

今は技術が進歩しているので、耐久力や復興力は昔の比ではありませんが、何が起きるかはわからないので「大丈夫だ」とは言い切れません。

注意すべきこと

もし、太陽フレアの影響によって電力がダウンした場合、電気はおろか、水道などのインフラも機能しなくなるので冷蔵庫が機能しなくなって食品に影響を与えたり、水がなくなってトイレが流せなくなるといった問題が起こりえます。

水洗トイレの場合、トイレが流れなくなっても、タンクではなくて便器の方に水を追加することによって強制的に流すことができるので、お風呂に水を貯めておくといいかもしれません。

もし、大きな影響がでればスーパーなどで食料品や飲料水がなくなる可能性もあるので、これには注意しておきたいところです。

また、交通機関にも影響与えた場合、信号が止まって大混乱をもたらす可能性もありますし、電車に乗ったら途中で止まって身動きできなくなった、なんて可能性も最悪、なくはありません。

電力ダウンの可能性は低いかもしれませんが、最も可能性が高いとされているのは通信障害による問題です。

GPSやWIFI、スマホの電波などに影響を与えますので、スマホがネットにつながらなくなったとか、ナビ使ってたらいきなり案内がワープしたとか、そうした問題が出てくる可能性があります。

ただ、これ以上に怖いのは飛行機です。

飛行機は管制塔からの指示を受けて離着陸をしていますが、この通信に障害を与える可能性もありますし、また、フライト中に太陽フレアがやってきたら高高度にいるため、放射線をもろに受けてしまうことです。

ちなみに、飛行機自体は外的磁気に強い作りになっているため、飛行機が落とされるといった心配は少ないですが、人体の影響が心配です。

現代だから注意すべきこと

また、注意すべきことはこれだけではありません。

現代だからこそ、注意すべきことがあります。

それは、twitterやFacebookなどのSNSでのガセ情報を信じてしまうことです。

大規模災害が起きたときなどもtwitter上では地震を予知したと名乗るアカウントが大量発生し、次はいついつに地震が起こるといって、不安感を煽りまくるとんでもない輩が現れました。

中には証拠として予言した日の画像を持ち出すものもいましたが、あれは簡単に画像加工できるのでそうしたデタラメな情報に踊らされないように注意する必要があります。

まとめ

過去11年ぶりの最強レベルの太陽フレアということで世間を賑わせている太陽フレアですが、9月8日にどんな影響を及ぼすのか。

そのときになってやっとわかります。

私たちが目に見えてわかるような影響はないかもしれませんが「備えあれば憂い無し」というので、できる準備があれば万事に備えておきましょう。

ちなみに、今回の9月8日太陽フレアの一件で不安視されている問題もあります。

それは、北朝鮮問題です。

9月3日核実験をしてJアラートでも警告がきたので日本にも緊張が走りましたが、9月9日は北朝鮮の建国記念日であるため、この日に北朝鮮が何かやる可能性が高いとネット上では噂されています。

もし、太陽フレアの影響で人工衛星に影響がでたらGPSが働くなるのでミサイル迎撃が一体どうなるかと言われていますが・・・

まぁ、この辺りの北朝鮮の動向が怪しいぞ、という話は韓国政府の関係者によると「危機の緊張が高まるたびに繰り返されるうわさの一つに過ぎない」としているのでそんなに心配はないかもしれませんが。

9月8日が過ぎたあとも、その後一週間は太陽フレアの影響が残るとされているのでしばらくは様子を伺いたいところです。

-ニュース

Copyright© MC松山の楽しい動画ハック , 2018 All Rights Reserved.