【2017年9月8日】太陽フレアが与える影響とは?爆発の様子画像

太陽フレアが2017年9月8日の日本時間15:00〜0:00にかけて地球に到来することが予測されました。

この太陽フレアは2回爆発が起きており、規模としては最大級規模のフレアになります。

これが一体、私達にどういった影響を及ぼすのか?

そもそも太陽フレアとは一体なんなのか?

注意すべきことはあるのか?

これらを一挙まとめていきます。

2017年9月8日到来の太陽フレアについて

今回の太陽フレアが観測されたのは9月6日18時頃。

この太陽フレアのレベルはX2.2という最大レベル。

そして、同じ日の9月6日21時頃、2回目の爆発としてX9.3の最強レベルのフレアが観測され、このX9以上のレベルに達したのは、2006年12月5日以来で過去11年ぶり。

通常の1000倍を誇る大規模爆発です。

ちなみに、Xレベルの太陽フレアは2015年5月5日以来、2年4か月ぶりとされています。

この太陽フレアの影響により、人工衛星障害や携帯電話などの機器に通信障害をもたらす可能性があるとされていて、地球には9月8日15:00〜0:00に到来すると言われています。

地球と太陽の距離はおよそ149,600,000km離れているのですが、この距離の関係で、大体2日後遅れで地球にやってくるわけですね。

ちなみに、太陽フレアの爆発の規模は水素爆弾10万〜1億個ものレベルと言われていて、もし、地球が太陽のそばにあったらひとたまりもなく消し飛ぶと言われています。

距離が離れていてよかった。。

また、太陽フレアが到来したあと、その後、一週間も影響が残るとされていますので、通信障害の影響がどうなるかということも心配されています。

以下、JNNニュースによる太陽フレアの様子。

画像引用:JNNニュース

太陽フレアとは?

太陽フレアとは、太陽の表面で起こる爆発現象のことです。

このことから別称、「太陽面爆発」とも呼ばれることがあります。

この太陽フレアには爆発規模によってレベルが設定されていて、太陽フレアのレベルはX線の強度によって次のようにレベル分けされています。

A < B < C < M < X

太陽フレアは小規模なものであれば1日に3回程度起きているとされていますが、大規模なものはそうそうなく、今回は過去11年ぶりの大規模太陽フレアだったので報道されているというわけです。

ちなみに、NASAによれば2012年7月に巨大な太陽フレアが地球をかすめたあと、次の10年間に同程度のフレアが実際に地球を襲う確率は12%であると推定していますが、今回はこの12%を引き当ててしまったかもしれません。

太陽フレアが地球に与える影響

2012年に巨大な太陽フレアが地球をかすめたという話をしましたが、このときはもし、太陽フレアが地球に直撃してぶつかっていたら世界の電力が全て落ちてしまう可能性があったと言われています。