MC松山が話題のCM情報を中心に話題ネタをお届けするブログ!

MC松山のCM速報

ニュース

レディー・ガガ線維筋痛症により活動休止。活動再開の目処は?

投稿日:2017年9月13日 更新日:

レディー・ガガがtwitterで「線維筋痛症」という病名を明かし、活動休止の原因が明らかになったことが話題になっています。

聞きなれない病気ですが、この線維筋痛症とは一体どんな病気なのでしょうか?

そして、レディー・ガガは活動を再開するのか?もし、するとしたら一体いつなのか?

日本でも大ブレイクしたカリスマ的人気歌手の今後がどうなるかを調べてみました。

レディー・ガガ活動休止の経緯

レディー・ガガは9月の頭に「Joanne World Tour(ジョアン・ワールド・ツアー)」を行っていましたが、このツアー最中の9月4日、カナダのモントリオールで予定されていたライブを突如、体調不良のためにキャンセルしました。

この時はtwitterでキャンセルの理由を「風邪のため」と説明して心配したファンを一安心させ、集まってくれたファンにはお詫びのしるしとしてピザを振る舞うなどして元気であることをアピールしていました。

しかし、事態が急転直下したのが9月8日、レディー・ガガは同じくカナダのトロント国際映画祭で、「しばらく休養する」と記者会見で衝撃の発表をしました。

そして、このとき「休養の期間がどのくらいの期間になるかはわからない」ということもについても触れており、ファンの間では「一体何が起こったんだ?」と話題になっていました。

レディー・ガガ活動休止の原因「線維筋痛症」とは?

この活動休止の原因は「線維筋痛症」という病気です。

線維筋痛症は全身に痛みが起きる慢性疾患。

その痛みは軽度のものから激痛を感じるレベルの痛みまであり、耐え難い痛みになることもあります。

しかも厄介なのが慢性疾患であるため、長期に渡って痛みに悩まされることです。

線維筋痛症による痛みは、痛む部位が移動したり、天候によってその痛みの強弱が変わることもあり、重症化すると爪や髪へ、温度・湿度の変化などの軽微の刺激で激痛が走るようになります。

この他にも、極度の疲労感を感じるようになったり、睡眠障害が起きたり、抑うつ、喉の痛み、微熱症状、ドライアイ、頭痛などを伴うこともある非常に厄介ものです。

救いとしては死に至る病ではないという点ですが、症状がひどいときには自力で生活するのが困難なレベルになるほどで、このために活動休止宣言を行いました。

レディー・ガガといえば派手なパフォーマンスが代名詞みたいなところがありますが、ツアー中は相当な痛みやプレッシャーに襲われていたのではないかと思います。

「線維筋痛症」は治るのか?活動再開の目処は?

線維筋痛症は、現在の治療法では特効薬となるものはありません。

今のところ、運動療法や認知行動療法、心理療法、薬物療法などを組み合わせた多面的な治療方法がありますが、激的に効き目があるというわけではなく、症状を緩和したり、といった治療法が中心です。

この治療法が確立されていない理由には、線維筋痛症になる原因が不明であるという点が関係していると思われます。

はっきりとした原因は不明ですが、有力な説としては脳が痛みの信号を感じる機能に障害が起きているために、線維筋痛症になると考えられています。

この脳機能の誤作動は、心理的・社会的なストレスや外傷がきっかけとなって発症する事が多いとされていますが、かといってストレスを受けた人がみんな線維筋痛症を発症する訳ではありません。

なので、根本的な原因はまだよくわかっていないというのが結論です。

ただ、レディー・ガガ自身にはこの病気になった原因と思われるきっかけに心当たりがあるようで、19歳の頃に、性暴力被害を受けたことがあるということを目に涙をためながら語りました。

かのスーパースターにそんな黒い歴史があったとは驚きですが、強い女の象徴でもあるレディー・ガガは、「弱いからといって隠す必要はありません。それは私の一部です」と言葉を残しています。

なんとも芯が強い女性で、思わず心が打たれてしまいます。

レディー・ガガは今のところ、休養期間がどのくらいになるかはわからないとして、活動再開の目処については未定としていますが、もし、こうした心のトラウマを解消すればまたすぐに彼女の勇気ある姿を見れるかもしれません。

2017スーパーボウルでのパフォーマンス動画

線維筋痛症によって活動休止に陥ったレディー・ガガですが、2017年スーパーボウルで行ったパフォーマンスは嵐のような躍動感を感じませす。

この時はとてもは身体に異変があったとは感じさせないくらいのパフォーマンスですが、この時から症状があったのか?それとも、この後に異変が起きたのかはよく分かっていません。

動画では、100万ドルの夜景をバックにしてステージの屋根で歌うレディー・ガガの姿が異様に神々しく映っています。

月にまで届くかと思わせるような伸びのある力強い歌声と、幻想的な光のコラボレーションがなんとも美麗です。

曲リストもゆるやらかな曲調のものから当然ギアチェンジしたように、ダンスチューンへ変化したときはまるで悲鳴かと思うような歓声が聞こえるほど、激しい盛り上がりを見せています。

レディーガガの2017年スーパーボウルでのパフォーマンス

レディー・ガガは記者会見でこのスーパーボウルでのパフォーマンスにも触れていて、「人々を楽しませ、幸せにすること。これが、私にとって最も大切で好きなことです」と語っていました。

その姿勢は動画からでも鳥肌が立つほど十二分に伝わってきます。

まとめ

レディー・ガガは休養を宣言しましたが、この一方で、記「創作活動をしないという意味ではない。」と断言しています。

これにはファンも安心とともに、大喜び。

「私は癒やされること、活動を一時的に減速させることを楽しみにしている」と話しており、今は一時的に休むけど、力を蓄えて爆発して戻ってくるから待ってろよな、といった嵐の前の静けさのような興奮感をもった期待を感じさせてくれます。

レディー・ガガのドキュメンタリーは9月8日、トロント国際映画祭でプレミア上映されましたが、このとき、レディー・ガガ自身の苦悩を映し出す内容について「つらいけれど心が解放される」とも語っていて、これが患者同士の出会いにつながることを願っているんだそうな。

Netflixでも22日から密着ドキュメンタリーが放送予定で、このタイトルは、「Five Foot Two」。

これはレディー・ガガの身長が由来していて、約157cmの長さになります。

この中ではレディー・ガガが医師の診察を受ける姿も紹介されているようで、かなりのリアルに肉薄したリアリティドキュメンタリーになるようです。

-ニュース
-

Copyright© MC松山のCM速報 , 2018 All Rights Reserved.