MC松山が話題のCM情報を中心に話題ネタをお届けするブログ!

MC松山のCM速報

ニュース

2017台風18号最新進路予想(気象庁・米軍・ヨーロッパまとめ)

投稿日:2017年9月14日 更新日:

※最終更新:9/16

2017年台風18号の最新予想をまとめています。

かなり勢いの強い台風とされていますが、飛行機への影響はどうなるのでしょうか?これに関しては後ほど、私の体験を踏まえて飛行機への影響を予想します。

台風の予想元ソースとして日本の気象庁を含め、予測精度が高いとされる米軍合同台風警報センター(JTWC)、ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の台風予想をまとめています。

気象庁による進路予想

気象庁による進路予想です。

予想期間:9月15日〜9月20日

9月16日時点の予想

9月15日時点の予想

9月14日時点の予想

気象庁の進路予想によれば、見事に日本列島を通過していく予想がされています。

15日の予想では、14日の予想と比べるとやや北側にズレて台風が移動する予想がされています。

さらに、16日の予想ではもう少し北にズレますが、相変わらず日本列島の真上を通過していく形となります。

米軍による進路予想

米軍合同台風警報センター(JTWC)による進路予想です。

予想期間:9月14日〜9月18日

米軍の進路予想も同様に、綺麗に日本列島を通過していく予想がされています。

ヨーロッパによる進路予想

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)による進路予想です。

予想期間:9月15日〜9月19日

9月15日

9月16日

9月17日

9月18日

9月19日

ヨーロッパの進路予想も同じく、日本列島の真上を通過していく予想がされています。

台風18号の概要

9月14日時点での台風18号は次のような勢いを持った台風です。

  • 強さ:非常に強い
  • 存在地域:久米島 西北西約250km
  • 速さ:15km/h
  • 中心気圧:935hPa
  • 最大瞬間風速:70m/s
  • 暴風域:200km
  • 強風域:全域 390km

※暴風域は風速25m/s以上、強風域は風速15m/s以上の地域

最大瞬間風速70m/sはどのくらいヤバイのかというと、時速に直すとおよそ252kmの風速になります。

このレベルの風に煽られたら最後、人はおろか車も横転して吹き飛ばされるレベルです。

また、建物の屋根を引き剥がされることもあるので台風がやってきている最中は外出厳禁です。

参考までに、風速70m/sの竜巻の動画がありましたのでこの威力を確かめてみてください。

ガソリンスタンドがボロ雑巾のように崩壊するレベルです。

雨や粉塵が暴風によって巻き上げられて視界もかなり悪くなるので相当危険です。

注意したい地域

直近で台風18号に注意しておきたい地域は次の地域になります。

  • 沖縄地方
  • 奄美地方
  • 九州南部 

台風第18号は強力な勢力を維持したまま15日には東よりに進路を変える予想がされていて、16日には九州地方に接近するおそれがあります。

暴風、大雨、雷、突風の警報も出ており、15日の予想では

  • 沖縄地方:100mm
  • 奄美地方:180mm
  • 九州南部:120mm

の雨量になる見込みとされています。

安全を確保するために

台風に備えて安全を確保するためにはどうしたらいいのか?

気象庁では「台風災害への対策と安全確保」として注意事項を記しているので表にしてまとめました。

台風到達48時間前

  • 低地に住んでいる場合は、土のうなどを用意
  • 事前に排水設備の点検・掃除をしておく
  • 屋根瓦やトタンを補強する

台風到達36時間前

  • 懐中電灯や食料などを用意
  • 家財道具を高い場所へ移す

台風到達12時間前

  • 行政から避難勧告が出た場合は、複数で行動
  • 避難準備情報が出された場合は、速やかに要援護者を避難させる

台風到達6時間前

  • 浸水の被害を想定
  • 地下にいる場合は注意

台風直撃中

  • 通過中は外へ出ない
  • エレベータを使わない

この他にも落雷や竜巻、突風に見舞われる可能性があるのでこれにも注意する必要がありますし、空を見て重い積乱雲があれば雷が落ちてくるおそれが高いのですぐに建物内に避難するなどして安全を確保するようにしましょう。

※積乱雲はこのような雲です

飛行機は大丈夫なのか?

台風で気になる影響といえば、飛行機が飛ぶか飛ばないかに影響があるかどうかではないでしょうか。

実際、私も今年の8月頭にやってきた台風5号(ノルー)の時期に沖縄に行く予定があったので飛行機が飛び立つかどうか心配でした。

この時の台風5号の威力は、滋賀県で姉川の氾濫を起こして住宅への浸水被害を起こしたり、愛知県では竜巻とみられる突風が発生してトラック横転や30棟以上の家屋被害が発生したり、三重県でも住宅27棟の屋根瓦が突風で飛ばされるなどの被害が発生するほどの威力です。

結果的に台風5号は死亡者2名、重傷者2名、軽症者49名といった被害をもたらしました。

それで結果的に飛行機はどうだったのかというと、JetstarのLCCを利用してちょうど台風5号が沖縄に接近していた8月5日に成田空港に出発し、台風が本土に接近し始めた8月7日に那覇空港から帰ってきたわけですが、問題なく定刻でフライトしました。

飛行機は台風を避けて通るようなルートを進んでいきましたが、時間通りに離着陸が完了。

台風に近づいたときはさすがに機内が軽トラックに乗ってコンクリートではない農道を走っているときのようなガタガタとした揺れがありましたが、トラブルなく無事に着きました。

今回の台風18号ではこれがまたどうなるかわかりませんが、飛行機は大丈夫なのかという心配事の参考になれば幸いです。

今後の進路予想

台風18号は見事に日本を横断・縦断どころか、日本列島の形に沿って突き進んでいく予想がされているわけですが、台風というのはいつどこで気分を変えるかわかりません。

今のところ、日本全体に影響を及ぼしそうですが、17日には最大瞬間風速は50m/sに弱まると予想されています。

中心気圧に関しても935hPa→970hPaに弱くなると予想されています。(気圧の数値は低いほど風の勢いが強くなります)

ただ、これでもかなり危険な風速ですし、台風の規模自体は拡大して暴風域200km→410kmに広がると見られています。

もし本州に乗り上げたら2017年の台風で最大規模の被害をもたらすおそれがあります。

まとめ

台風18号の最新進路予想について気象庁、米軍合同台風警報センター(JTWC)、ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の情報をまとめてきました。

かなり強い台風になるので安全のためにしっかりと備えをしておいたほうがよさそうです。

備えがあればいざという時に安心ですし、もし台風がそれて備えが必要でなくなったときはまた別の機会に使うことができるので、もし何の備えもなければすぐにでも備えを用意しておくことをおすすめします。

特に9月は例年、台風が多く発生しますし、10月まで台風は頻繁に発生するので今から準備しておいて損はありません。

沖縄旅行や、沖縄での出張予定がある人は、飛行機への影響が気になることかと思いますが、当日になってみないとはっきりしたことはわからないので、空港のフライト情報をチェックしておくといいでしょう。

-ニュース
-

Copyright© MC松山のCM速報 , 2018 All Rights Reserved.