2017台風18号最新進路予想(気象庁・米軍・ヨーロッパまとめ)

※最終更新:9/16

2017年台風18号の最新予想をまとめています。

かなり勢いの強い台風とされていますが、飛行機への影響はどうなるのでしょうか?これに関しては後ほど、私の体験を踏まえて飛行機への影響を予想します。

台風の予想元ソースとして日本の気象庁を含め、予測精度が高いとされる米軍合同台風警報センター(JTWC)、ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の台風予想をまとめています。

気象庁による進路予想

気象庁による進路予想です。

予想期間:9月15日〜9月20日

9月16日時点の予想

9月15日時点の予想

9月14日時点の予想

気象庁の進路予想によれば、見事に日本列島を通過していく予想がされています。

15日の予想では、14日の予想と比べるとやや北側にズレて台風が移動する予想がされています。

さらに、16日の予想ではもう少し北にズレますが、相変わらず日本列島の真上を通過していく形となります。

米軍による進路予想

米軍合同台風警報センター(JTWC)による進路予想です。

予想期間:9月14日〜9月18日

米軍の進路予想も同様に、綺麗に日本列島を通過していく予想がされています。

ヨーロッパによる進路予想

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)による進路予想です。

予想期間:9月15日〜9月19日

9月15日

9月16日

9月17日

9月18日

9月19日

ヨーロッパの進路予想も同じく、日本列島の真上を通過していく予想がされています。

台風18号の概要

9月14日時点での台風18号は次のような勢いを持った台風です。

  • 強さ:非常に強い
  • 存在地域:久米島 西北西約250km
  • 速さ:15km/h
  • 中心気圧:935hPa
  • 最大瞬間風速:70m/s
  • 暴風域:200km
  • 強風域:全域 390km

※暴風域は風速25m/s以上、強風域は風速15m/s以上の地域

最大瞬間風速70m/sはどのくらいヤバイのかというと、時速に直すとおよそ252kmの風速になります。