飯田圭織女の子出産!一度、子供を亡くした壮絶な過去からの天使誕生

元モーニング娘。のが19日に自身のブログで元気な女の子を出産したとの報告記事をあげました!

「ふわふわ柔らかい女の子」と書いていて、初めての女の子、新たな家族の誕生に感動のコメントがよせられています。

さて、飯田圭織といえば過去には第一子の長男を病気で亡くし、第二子の次男のときには無菌性髄膜炎という病気にかかり不安な時期を送り、非常につらい経験もあったわけですが、これを乗り越えてきた強い母親でもあります。

今回も妊娠時に妊娠悪阻、切迫早産という危うい時期もありましたが、無事誕生ということで祝福の風が吹いています。

飯田圭織のプロフィール

画像引用元:デイリースポーツ

飯田圭織は久しぶりのメディア露出でしたので「飯田圭織ってダレだっけ?なんか聞いたことあるな・・・」と思った人もいることではないでしょうか。

なので簡単に飯田圭織のプロフィールをまとめておきます。

名前:飯田圭織 (いいだかおり)

生年月日:1981年8月8日

出身地:北海道室蘭市

血液型:A型

「元モーニング娘。」の中心メンバーのひとりであり、歌手・タレントとして活躍していた彼女。

アイドルでありながら持ち前の明るさやお笑い要素でお茶の間に笑顔をもたらしていました。

私も、昔やっていた音楽番組の「うたばん」でとんねるずの石橋にいじられまくっていてこの人おもしろいなーと記憶に残っています。

いくらいじられても持ち前の明るさで切り返していくその姿はなんだか無性に応援したくなります。

ブログで女の子の誕生報告

飯田圭織は、今回の出産について自身のブログで次のような報告をあげています。

ご報告があります。

この度、元気な女の子を出産致しました。

久しぶりの新生児、

ふわふわ柔らかい女の子に癒されています。

今回の妊娠は大変なことばかりで、、、

妊娠初期は重い悪阻

妊娠後期は切迫早産で自宅安静や入院もしていたので

息子には我慢ばかりさせてしまっていました…

妊娠時期は大変なこともあったようですが、無事にかわいい女の子を出産とのことで何よりです。

過去、長男をなくしたり、次男も病気にかかったことでいろいろな思いがあったことでしょうね。

さて、ここで気になるのは重い悪阻と、切迫早産という言葉です。

一体、これはなんなのでしょうか?

妊娠悪阻とは?

妊娠悪阻は、「にんしんおそ」と読みます。

「あくそ」かと思って変換したけど全く出てこず。「おそ」と読むんですね。

妊娠悪阻は妊娠初期のころになる可能性がある症状で、つわりの症状があまりに悪化すると妊娠悪阻と呼ばれます。

つわり自体はは、妊娠初期の5~16週頃のに見られる生理現象で、主に吐き気や胃のむかつきなど、消化器系にストレスがかかる症状として現れます。

そして、このつわりの症状がひどくなって治療が必要なレベルに重症化した状態が妊娠悪阻です。

妊婦の約50〜80%がつわりを経験するのに対し、妊娠悪阻になる確率は約1〜5%と言われています。

どうして妊娠悪阻になるのかというこの原因はまだはっきりと分かっていませんが、妊娠時に起こるホルモンバランスの変化、身体の代謝昨日の変化、そして、妊婦さんの体質などが関係していると考えられています。

これはあくまで推測でしかありませんが、過去に長男を亡くした経験や、次男が病気になった経験がストレスを与えていたことも関係ありそうです。