わろてんかの主題歌「明日はどこから」の歌詞とその意味は?

新朝ドラ「わろてんか」が始まりましたね!

10月2日に第1話が放送されたわけですが、どうでしたか?

まだ第1話が放送されたばかりなので、評価するには早すぎるかもしれませんが、続きが早く気になるところですね!

ところで、わろてんかの主題歌はどうでしたか?

今回はわろてんかの主題歌についてまとめた記事になります。

わろてんかの主題歌「明日はどこから」は松たか子

わろてんかの主題歌、「明日はどこから」を歌っているのは松たか子です。

松たか子といえば、最近、話題になったあの曲。そう、「アナ雪」です。

「レリゴー♪レリゴー♪」とやたら耳に残るメロディーで、当時、子供から大人まで、多くの人がレリゴレリゴつぶやいていました。

日本語吹き替え版のエルサ役を担当し、「Let it go(レットイットゴー)~ありのままで」を熱唱してその素晴らしい歌声を響かせていました。

そんな松たか子が、今回の朝ドラの主題歌を歌っています。しかも、作詞作曲も松たか子が行っています。

いやーただの演技派女優(しかも一流の)さんかと思ってましたが、マルチな才能で活躍されていてすごいですね。

アナ雪のときに松たか子が抜擢された理由として、セリフを言いながら歌も歌うという、演技+歌唱力が求められていたため、松たか子が抜擢されました。

そうした背景を考えると「明日はどこから」も松たか子の女優としての魂も吹き込まれていることでしょう。

「明日はどこから」の歌詞

それでは、わろてんかの主題歌「明日はどこから」の歌詞です。(OPで歌われているもの)

では、早速歌詞を見てみましょう。

「明日はどこから」

作詞作曲:松たか子

出かける時の忘れ物 ひょいとつかむ ハンカチのように

心の中に 滑り込む 一番小さな魔法

泣いたり 笑ったり 今日も歩きだす

ありがとうと言いたい あなたのために

ごめんねと言えない あなたのために

ありがとうと言える その時のために

ごめんねと言えた あなたの心に

パレードは周り続けてる

歌詞の意味

タイトルと歌詞を見るとなかなか意味深な曲ですよね。

ここからは私が思った「明日はどこから」の意味解釈になります。

タイトルの「明日はどこから」について

「明日はどこから」といったタイトルですが、OPの歌詞には「明日」とか「どこから」についてはノータッチです。「明日」という言葉ではなく「今日」という言葉が使われてます。

「明日」がタイトルに使われている曲に、「明日があるさ」という名曲がありますが、イメージとして、こちらは明日の方から今日へやってくる感じ。

一方、「明日はどこから」は今日から明日の方へ向かっていくという印象が強いです。

これに関して、松たか子はこの曲を書き下ろしたときに「今日が明日につながっていく、ささやかな私なりの応援歌です。」というコメントを残しています。

この色はこの歌詞だけをみても強く出ていますね。