【画像アリ】背脂ラーメンタクシーのボディがセクシーすぎる件

新潟のご当地ラーメンとして有名な「背脂系ラーメン」その発祥の地とも言える燕三条が町おこしの一環として、「背脂ラーメンタクシー」なるなんともユニークなサービスを始めました。

なんでこの話題を取り上げたのかといえば、そう、何を隠そう私は燕三条出身なのです。

だから思わず取り上げずにはいられませんでした。

そんなわけで、地元民からしてもあまりに奇抜すぎるこのユニークな背脂ラーメンタクシーを紹介したいと思います。

とりあえずインパクトがヤバイ

まず真っ先に思ったのが、背脂ラーメンタクシーのインパクトです。

この意味不明(褒め言葉)なネーミングもさることながら、注目すべきはその車体。

このセクシーすぎるボディは一度みたら忘れることができないしょう。

その画像がこちら↓

背脂ラーメンタクシー2 背脂ラーメンタクシー1

画像引用元:NHK

車のサイドボディにはでっかく「背脂ラーメン」と力強い書体で書かれています。

そして、その上には「燕背脂ラーメン」。

ん!?ちょっと待てよ・・・?

燕三条と銘打ってるわりには、「三条」の文字が消えているような・・・

ちなみに、このサービスを展開しているのは三条市のタクシー会社「中越交通」です。

なぜに「三条」の文字を消したのか・・・

この意図は不明ですが、とにかくこのインパクトはヤバイでしょう。

車のホイールにナルトがくっついているところも愛嬌があります。

将来的には、タクシーの屋根のあんどんもラーメンの丼の形に変えるんだそうな。

どんなサービスなのか

インパクトMAXのネーミングと車のボディ。ここまでは完璧です。

次に気になるのが、じゃあ一体どんなサービスが展開されるのか?

この背脂ラーメンタクシーでは、1時間以上の貸し切りで予約を受け付け、燕三条の地元の60のラーメン店の写真を見ながら乗客が「ここ行きたいっす」と伝えると、その場所に連れて行ってくれるんだそうな。

また、地元の背脂ラーメンに詳しい運ちゃんが案内してくれるので「こんなのが食べてみたいっす」というと、その条件に合う店に案内してもらえるんだそうな。

昨今では食べログなどのグルメ口コミサービスを見て行く場所を決めるという人も多いですが、通な人にとってはやっぱり、「地元民のおすすめ」が気になるものです。

ラーメン好きな人は遠征したりするので、そうした需要を狙ってのことなんでしょう。

その土地で培われたラーメンの歴史や、食べ方など、そうした地元の人にしかわからないことを伝えていきたいという理念もあるそうです。

燕三条背脂ラーメンの食べ方

「燕三条背脂ラーメンの食べ方についても伝えていきたい」とのことですが、地元民の私が燕三条背脂ラーメンの食べ方についてレクチャーしましょう。

まず、燕三条のラーメンを食べるときは箸は使いません。基本的に素手で食べます。なんてバカなことがありえるわけないじゃないですか。

いたって普通の食べ方ですよ。

箸を使って、レンゲを使って、特に変わった食べ方なんてないはずです。

私自身、東京とか福島でラーメン食べまわったりしましたが、そこで見た他のお客さんを見ても、全国一般的なラーメンの食べ方と何一つ変わりませんがな。

しいていえば、注文のときに「大脂(おおあぶら)」と言うくらいでしょうか。