楽しい動画をもっと賢く楽しむ

MC松山の楽しい動画ハック

ニュース

今井遥 引退をインスタ報告。その全文と引退勧告の噂について

投稿日:

オリンピックの熱がまだ冷めやらぬ今日このごろですが、フィギュアスケートの今井遥が、SNSインスタグラムにで、現役を引退することを報告しました。

2017年の頃には「引退勧告」の噂なんてのもありましたが・・・

実は今井遥さんは、先天性で膝と股関節に問題を抱えており、過去には痛みのあまり歩くことができなかった時期もありました。。

顔もかわいいと評判でその演技もさることながら、24歳にして電撃引退。

今回は今井遥の引退と、引退勧告の噂についてみていきます。

今井遥のプロフィール

  • 年齢:1993年8月31日(2018年現在24歳)
  • 出身:東京都武蔵村山市
  • 身長:159cm
  • 血液型:O型
  • 学歴:武蔵村山市立第四小学校、武蔵村山市立第二中学校、日本橋女学館高等学校卒、大東文化大学外国語学部英語学科、早稲田大学eスクール在学中

この「早稲田大学eスクール」についてですが、スクーリング以外のほとんどの課程をオンラインのeラーニングで行うという、日本で初めての通信教育課程です。

実はこんな制度があったんですね。

大学へ通学するのが難しい人のために、自分のペースで学習できるようにした制度です。

この制度は2003年に始まって、これまでに述べ1,200名以上の卒業生を送り出しています。

15年で1200人なので、一年につき80人の卒業生がいるということですね。

この制度では、講義、レポート、小テストは全てインターネットで行われ、専用のBBSを使って質問、議論もなされます。

今井遥がインスタで引退を報告した全文

今井遥が引退を報告したのは、2018年3月1日の深夜に投稿した自身のインスタグラムにて。

朝になるまでには大きな話題になっています。情報って早いですね。

今井遥は、中学生の頃に全日本ジュニアに優勝をしたスケートの実力者です。

期待もされていましたが、その後はあまりパッとしない時期もあり、今井遥本人がとくに印象に残ってると語っているのは、2013-14年にかけてのことでした。

しかし最後には、これまでフィギュアスケートをしてきて悔いはないとして引退することともに、これまで応援してくれたファンへの感謝の言葉が書かれています。

 

ご報告があります。 私、今井遥は3/3のイベントを最後に、 フィギュアスケート選手を引退することに致しました。 15年間、ここまでフィギュアスケートを続けられたのも、 家族や、コーチ、そして応援してくださった皆様のお陰です。 私自身、中学生の時に、よくわからないまま全日本ジュニアを優勝し、その後シニアに上がってからは、うまくいかない事の方が多かったと思います。 そんな中でも2013ソチオリンピック代表選考会だった全日本でのFS、また2014年の四大陸選手権のSPは私にとって最高の演技ができました。 試合や練習でうまくいかない時、 皆様から頂いたお手紙や、メッセージ、声援などに何度も励まされ、また次に向かって頑張る力を私にくれました。 辛い事、悲しい事もたくさんあったけど、その分嬉しかった事、幸せだった事もありました。 フィギュアスケートをやってて良かったと心から思っています。 長かったようであっという間だった15年間、 私のフィギュアスケート人生に悔いはありません。 皆様、長い間たくさんの応援、 本当にありがとうございました。 今井遥

Haruka 今井遥i /今井遥さん(@haruka_今井遥i_831)がシェアした投稿 -

ご報告があります。

私、今井遥は3/3のイベントを最後に、 フィギュアスケート選手を引退することに致しました。

15年間、ここまでフィギュアスケートを続けられたのも、 家族や、コーチ、そして応援してくださった皆様のお陰です。

私自身、中学生の時に、よくわからないまま全日本ジュニアを優勝し、その後シニアに上がってからは、うまくいかない事の方が多かったと思います。

そんな中でも2013ソチオリンピック代表選考会だった全日本でのFS、また2014年の四大陸選手権のSPは私にとって最高の演技ができました。

試合や練習でうまくいかない時、 皆様から頂いたお手紙や、メッセージ、声援などに何度も励まされ、また次に向かって頑張る力を私にくれました。

辛い事、悲しい事もたくさんあったけど、その分嬉しかった事、幸せだった事もありました。

フィギュアスケートをやってて良かったと心から思っています。

長かったようであっという間だった15年間、 私のフィギュアスケート人生に悔いはありません。

皆様、長い間たくさんの応援、 本当にありがとうございました。

今井遥は2017年に引退勧告されていた?

こうして引退を発表した今井遥ですが、実は2017年の頃に「引退勧告」の噂がありました。

当時、これを確定的とする情報はなく、あくまで噂だったのですが、この噂がたった原因は次の成績が影響してるのではないかと考えられます。

table

2016-17年、2017-18年シーズンでは大会出場がなかったり、棄権があったりしますが、この原因は怪我です。

2017年9月に東北、北海道選手権大会に出場したのち、膝に激痛が走り、棄権をしています。

2017年10月には練習を再開したものの、再び膝を痛めてしまい、東日本選手権を棄権しました。この棄権もインスタで報告しています。

これによって2008年からずっと9年間連続での全日本選手権出場記録がストップします。

このストップしたころが引退と関係しているかもしれませんね。

今井遥の怪我は先天性のものだった

2016-17年シーズンでは長野で行われた国民体育大会以後、大会に出ませんでしたが、これも怪我が関係しています。

今井遥は2016年10月から、両股関節と両膝に違和感があると訴えました。

そして、2016年11月の東日本選手権の時、膝に痛みが出たのですが、この時はジャンプできないほどではなかったため、検査は行いませんでした。

元々、膝と股関節に先天性の問題を抱えていたため、放置してしまったのでしょう。

私の知り合いにもいたのですが、先天性で怪我しやすい人は、ちょっといたんでも持病みたいな感覚らしく、周りが心配しても「大丈夫、大丈夫」といってなんでもないような素振りを見せます。

今井遥も最初はそんな感じだったのかもしれませんが、これが悪化してしまい、一時滑るどころか歩くことすらままならないほどの状態になりました。

治療やリハビリのかいあって、2016年12月25日にフィギュアスケート全日本選手権に出場をし、19位という成績をおさめています。

ただ、このときに「(この怪我は)一生付き合っていかないといけないと思っている」との発言も残していました。

引退の決意は一ヶ月前に決まっていた?

フィギュアスケートの選手は寿命が短いですね。。

優雅に見えて、度重なるジャンプとか、片足で前進を刺させているので、やはり膝にかなりの負担がかかるのでしょう。

今井遥の最後のイベントは、2018年3月3日、新潟のアサヒアレックスで開催されるスケートフェスティバルです。

このインスタをみると、、、

3/3にBSNのイベントがあり、エキシビを滑ります。9歳から15年間滑ってきたスケート、私の集大成の演技ができるように頑張ります。

これは2月7日に投稿されたものなのですが、「集大成の演技」として投稿しています。

もしかしたら、このときには既に引退を決意していたのかもしれません。

平昌五輪が直前だったので、公の発表は控えていたのかもしれませんが、心の中では決めていたかもしれませんね。

-ニュース
-

Copyright© MC松山の楽しい動画ハック , 2018 All Rights Reserved.