楽しい動画をもっと賢く楽しむ

MC松山の楽しい動画ハック

ニュース

大学生で消費者の方へ。スマホを開かなきゃものが買えないんですか?

投稿日:2016年9月27日 更新日:

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-0028-09-27-21-48-29

「ちょっと待ってください、友だちに聞いてみるので!」

昔、販売員をやっていたときに、1人じゃ決められなくてLINEを開いて友だちに相談しているお客さんがいました。

また、声をかけても素っ気ない態度のわりにはスマホを片手に1時間くらい店の中をグルグル回ってるお客さんもいました。

ちょっと待ってくれよと。

自分1人じゃ何も買えないのか?

1人で買い物できない若者が急増?

これはあくまで肌感触なのでデータを出せと言われても困るんですが、1人で買い物できないのは圧倒的に若い人が多い。

特に、大学生くらいの人はやばい。

渋谷とか新宿でやってたときはマジでそう思った。

まぁたしかに買い物の値段が1〜3万くらいするんだけど、それでも自分で選べないってどうなのよ。

この傾向は特に女の子が多い。

あ、でも男子でもこういうヤツいるから「ホッ」としないでください。

何が問題かっていうと決断力がないことが問題

別にものを買う時に友だちと楽しくわちゃわちゃ買うのはいいと思う。

楽しいから。

でも、何が心配かって、1人で買い物にきてに1,2時間悩んでるヤツ。

こういう人は大体買うものはもう何か決まっているのに、買うか買わないのかの最終判断で悩んでいることが多い。

「これとこれがいいと思ってるんですけど、う〜ん…」

みたいな。

2つに1つだよ?

選択肢は2つに1つなんだからそこまで迷うか?ってくらい迷う人がいる。

「お金が…」

っていう人もいるけど、お金が心配なら買わずに帰ればいい。

みてると欲しくなるだけなんだから。

でも結局、ポケットやバッグからスマホを取り出し、友だちに写真を送ってLINEで相談。

返信待ちの間は1人で「う〜ん」って唸ったり、心ここにあらず状態でボケーっとしていたり、楽天やAmazonで第三者によるレビューを確認していたりする。

ここまでくると日常生活に支障をきたすんじゃないか?

お節介かもしれないけどこういう人たちを見ると、きちんと生活できているのかどうかが超気になる。

ってか、店員は店員で

「あの人めちゃくちゃ悩んでるけど大丈夫かな…」

「よくあそこまで悩めるよね」

「スーパーで食材買うにも1、2時間悩むのかな?」

ってヒソヒソ話されて心配されてる。

貴重な時間をどれだけ無駄にしているのか。

それに気付いて欲しい。

だから、私は解決策を提案したい。

スマホを叩き壊せ

もうこれ。

スマホによって常に誰かとつながってなきゃダメですっていう人はホント多い。

これはもう病気。

スマホ依存症。

スマホを開けば簡単に人とつながれるから、自分で決められないものは友人に判断を託す。

スマホを開けば簡単に情報が手に入る。

でも、この情報量の多さに圧倒されて判断できない人が多い。

スマホ病は田舎よりも都会人に蔓延している

この傾向は20代後半以降の人には全然見られなかったんだけど、大学生くらいの年齢の人はめちゃくちゃ顕著。

あと、田舎よりも圧倒的に都会に住んでいる若者。

きっと小学生とか中学生くらいから携帯やスマホを使って生きてきたんだろう。

だから常にスマホを持ってないと何もできないんじゃないかな。

そういう人はいったんスマホを叩き壊してみて欲しい。

それで、その動画を撮ってYouTubeなりなんなりに上げれば仲間内ではスーパーヒーローだ。

便利な時代の弊害

スマホの出現はホントに革新的。

LINEの出現によって一度に複数人に相談できるようになったし、手軽にコミュニケーションが取れる。

でも、この弊害ってのは街にでてみると肌で感じることが多い。

誰かとつながってないとすぐ不安になって、常に周りの目を気にして。

友だちに合わせなくても、自分の買い物なんだから自分の好きに決めたらいいじゃん。

あなたの周りにも1人で決断できない人、増えてきてませんか?

-ニュース
-,

Copyright© MC松山の楽しい動画ハック , 2018 All Rights Reserved.